デマ画像 ライオンの行方追う

 2016年4月に起きた熊本地震で、「ライオンが放たれた」とのデマが、無関係なライオンの画像とともにネット上に広まりました。このライオンの写真、実は私が住んでいる南アフリカで撮られたものらしい――そんなうわさを聞きつけ、出元をたどってみました。あの写真を最初にSNSに投稿した人にも取材。語られたのは意外な事実でした。(朝日新聞ヨハネスブルク支局長・石原孝)【写真特集】熊本地震のデマ画像、南アフリカの撮影地はこんな場所 ライオン「コロンブス」の別カットも
 問題のツイートがあったのは2016年4月14日夜、熊本で震度7の地震が起きた約25分後。街中を歩くライオンの画像とともに「地震のせいでうちの近くの動物園からライオン放たれたんだが 熊本」と書かれていました。
 これが拡散して大騒ぎに。翌15日までに熊本市動植物園の職員は100件を超える電話対応に追われたといいます。熊本県警は約3カ月後、このツイートをした神奈川県の男性(当時20)を動植物園の業務を妨害した疑いで逮捕し、発表しました。男性はその後、不起訴処分(起訴猶予)となっています。
 さて、最初の手がかりはこの時の写真だけ。男性は「インターネットで入手した」とされています。
 まずは情報を集めるため、地元メディアの記事などを読みこむことに。
 南アフリカでもこの写真は有名らしく、ブラームフォンテンというヨハネスブルク中心部で撮られたものだと分かりました。インターネット上では「世界一危ない」とも言われるエリアです。
 ただ、細かい撮影場所までは分からず、日本でウソの投稿に利用されたことを伝える記事も見当たりませんでした。
 中心部をやみくもに歩き回っても危ないので、もう一度写真をじっくり見てみることに。
 すると、「JORISSEN ST」という通り名が写真の下の方に写っていることを発見。思わず「おー!」と叫んでしまいました。ここまで分かれば、あとは現場に行くだけ。携帯電話に保存したライオンの写真を通行人らに見せて、目的地にたどり着きました。
 犯罪が多いエリアからは少し離れているものの、「お金をくれ」と寄ってくる人や、横断歩道を渡っていると急発進する車もあり、油断できません。
 近くの衣料品店で働くツラニ・ドゥベさん(35)にライオンの写真を見せてみると、「毎日のように通る道だけど、ここにライオンがいたなんて知らなかった」と驚きの表情。
 別の女性店員は驚きの余り、しばらく黙り込んだ後、「これって偽物でしょう?」と尋ねてきました。
 アフリカならどこにでもライオンがいるというわけではありません。ヨハネスブルクは人口が440万人を超えるという大都会。ライオンの写真は地元の人が見てもびっくりするようです。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *