女性用アプリ 男性だけで開発

 「女性にウケる商品を!」「女性のニーズに対応しよう」という掛け声に頭を悩ませている人は多いのではないだろうか。当事者である女性社員に任せてしまおう、という方法も一つの手かもしれない。【「LUCRA」のアプリ画面】 だが、成果を出す方法は他にもある。女性向けサービスを立ち上げ、ヒットさせた男性もいる。情報キュレーションアプリを運営するGunosy(グノシー)の渡辺謙太さんだ。新卒3年目ながら、執行役員 LUCRA事業部部長を務める。渡辺さんは女性向け情報を配信するアプリ「LUCRA(ルクラ)」の立ち上げに入社1年目から参加し、その後「プロダクトオーナー」に抜てきされた。2017年5月にリリースしたLUCRAは約1年半で400万ダウンロードを達成(18年10月時点)。成長を続けている。  細やかな“女性目線”が必要なアプリ開発の分野で、どのようにサービスをつくり上げていったのか。若手社員がチームをまとめる難しさも感じたという渡辺さんに、LUCRA立ち上げの経験について聞いた。  LUCRAは、10代後半~30代の幅広い世代の女性に向けて、さまざまなトレンド情報などを発信するアプリ。美容、ファッション、ライフスタイル、恋愛、子育て、グルメなどがテーマとなるメディアの記事を独自のアルゴリズムで収集し、配信する。1日の配信本数は1200本以上に上る。  「女性向けの新サービス」を立ち上げるために、開発が始まったのは17年2月。渡辺さんは大学在学中にインターンシップ生としてGunosyの事業に携わり、16年4月に新卒社員として入社。Webメディアの企画や開発を担当していた。新サービスの開発メンバーとして声をかけられたものの、開発チームは「最初は1人だけだった」という。当時のCTO(最高技術責任者)にサポートしてもらいながらのスタートだった。  その後、エンジニアを2人採用し、アプリ開発を本格化させた。しかし、男性だけの開発チームはいきなり壁にぶつかった。女性が好むコンテンツや「かわいい」デザインを調べ、それを反映してアプリの試作を重ねたが、「実際に女性に見てもらうと、『違和感がある』という声が絶えませんでした」(source)

Read more

インスタ映え狙い?文化祭変化

全国の高校では文化祭シーズン真っ只中。インスタ映えからVR・プロジェクションマッピングまで、かつてのイメージから大きな変化を遂げつつあるイマドキの文化祭を取材した。 最初に訪れたのは、千葉県市川市にある日出学園。ミニゲーム、お化け屋敷など、定番の出し物でも重要視されているのが“装飾“だ。生徒たちが「映え映え大事」「インスタ映え狙ってんなって感じ」と話す通り、どのクラスもインスタ映えを目指して飾りつけがされており、校内の至るところに“天使の羽“やロッカーを使った可愛い装飾、インスタ風フレームなど、撮影スポットが満載だ。 女子高校生たちに大人気のタピオカ店では、コップからこぼれ落ちる様を描いた黒板アートを背景に写真を撮ることができ、コップを持ってタピオカをこぼす人と、傘で受け止めている人、という構図で写真を撮ることができるように工夫されていた。    テレビ番組で見たという液体の比重を利用したお酒をヒントに男子生徒が発案した4色に分かれたセパレートドリンクも人気だ。「糖度が高いものが沈むので、それを下から順番に入れていく。ドバッって注いじゃうと結構沈んでしまうので、コップの下に穴を開けてちょっとずつ注げるようにしている」。  さらにはAR技術を使ったスタンプラリーも。校内の4か所に掲載されている画像を専用アプリで読み込むと動画とスタンプが出演、全て集めると景品をもらうことができるというもので、制作した生徒は「情報科の先生と協力して行ったが、アプリの設定とかは生徒会も参加して一緒に作成した」と話していた。  次に、東京都文京区の東洋女子高校を取材した。こちらもクッキーとカルピスを楽しむことができるカフェの中には撮影スポットが。「テーマがメルヘンで可愛らしい感じなので、ハートなどを使ってカラフルに可愛く仕上げた」「全体的にピンクが多め」。中には「カジノ法案」について関心を持ったという生徒たちが“カジノ“を楽しむ様子も見られた。(source)

Read more

受信でPS4クラッシュ 文拡散

 受信しただけでPS4がクラッシュしてしまう「悪意あるメッセージ」が海外の掲示板などで話題になっています。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)に確認したところ、「状況は認識しており、現在調査中」(広報担当者)とのことでした。【画像:問題のメッセージ(Redditより)】 海外掲示板「Reddit」に書き込まれた「WARNING: Set your messages to private(警告:メッセージ設定をプライベートにすること)」というエントリがきっかけで話題になったもの。投稿者はゲーム中にこのメッセージを受信し、PS4がクラッシュしてしまったことを報告。同じスレッド内やSNSなどでも、同じ現象に遭遇したという報告があがっています。  特定の言語・文字列を含んだメッセージを受信することで発生する不具合とみられ、メッセージを開かなくても、受信しただけでPS4が起動しなくなったという報告も。クラッシュ後はPS4が再起動を繰り返し、システムが立ち上がらない状態になるため、セーフモードで起動し本体を初期状態にリセットする必要があるとのことです(セーフモードで起動後「データ再構築」を選択)。  対処法としては今のところ、メッセージの受信設定を「許可しない」、あるいは「フレンドだけ」にするのがもっとも有効とされています。SIE側による対策が行われるまでは、見知らぬ人からのメッセージ受信はブロックしておく方が安全そうです。(source)

Read more

資生堂の舞台用化粧品が復活

 資生堂(東京都港区)が、いったん製造を終了した舞台用化粧品について、歌舞伎界からの声などを受けて、製造継続を決めたことが分かりました。継続の理由の一つに「日本の伝統文化の支援」があったとされ、SNS上では「(資生堂に)声が届いてよかった」「日本文化に貢献ありがとう、資生堂」といった声が上がっています。【画像】製造継続を呼び掛けた市川笑野さんのツイート  オトナンサー編集部の取材に対し、資生堂グローバル広報部が10月15日、製造継続を明かしました。  9月で製造を終了していた舞台用化粧品は「紅」「との粉」「粉白粉」「練白粉」「化粧下地」。それぞれの希望小売価格は500円(税抜き)~800円(同)で、資生堂のオンラインショップでは、すべて「完売」となっています。  製造を中止したのではないかという情報が10月上旬、ネット上で流れ、歌舞伎俳優の市川笑野さんが11日、自身のツイッターで「資生堂が舞台用化粧品の製造をやめてしまい、愛用の化粧品が手に入らなくなってしまいました!」「色の良さ、使いやすさは絶品」「どうか資生堂さんにこの声が届いてほしいです」などと呼びかけました。  この投稿は2万4000の「いいね」を獲得し、3万3000リツイートされました。同じく歌舞伎俳優の市川海老蔵さんも13日、自身のブログで「生産中止になるとか、みんな困っています、なんとかならないものですかね」とコメントしました。  この声が届いたのか、翌14日、笑野さんはツイッターで「資生堂から松竹に『資生堂は、日本の大事な伝統文化をしっかり支援させていただきたいです』との連絡があり、舞台用化粧品を製造再開していただけることになりました! 本当にありがとうございました!」などとコメント。海老蔵さんも同日のブログで「涙。本当にありがとうございます」と感謝しました。  資生堂グローバル広報部は取材に対し、「今年9月に製造を終了しましたが、歌舞伎や日本舞踊など特殊な用途で使う化粧品であり、他に代替アイテムがなかったことから、製造を継続することを決めました。価格を変更する予定はありません」としています。(source)

Read more

スマホで口臭判定 アプリ開発

 自分の舌をスマートフォンのカメラで撮影すると、口臭のリスクを3段階で判定してくれるiOSアプリを、ライオンが「CEATEC JAPAN 2018」(10月16~19日、幕張メッセ)に出展する。「自分の口臭を心配している人は多い。アプリでチェックできるようにし、そうした不安を解消してもらえれば」と同社の土岐育子氏(コーポレートコミュニケーションセンター 快適生活研究所 主任研究員)は話す。【画像】アプリで測定している様子 ライオンが保有する舌の画像と口臭の実測値のデータを使って機械学習を行い、「舌がどんな状態だとどれだけの口臭リスクがあるか」を予測できるアルゴリズムを作成。AI(人工知能)が、ユーザーの撮影した舌の画像から口臭リスクを3段階で判定できるようにした。継続的にアプリでチェックすれば、「測定履歴」から口臭リスクの変化をグラフで確認することもできる。  現在、アプリはまだ開発段階で、東急百貨店本店(東京都渋谷区)の接客スタッフを対象に実証実験を行っている。実験結果を基に接客サービス向けのツールとしての活用する他、一般消費者向けのスマホアプリとして2019年中の提供を目指す。  ライオンが口臭に関する悩みを調査した結果、「自分の匂いが分からなくて不安」「他人の口臭が気になっても指摘しにくい」という人が多かったという。口臭リスクをスマホで手軽に判定できるようにすることで、不安の解消や口臭に関する意識の向上につなげる狙いだ。(source)

Read more

PW本物記載 脅迫メール注意

 本物のパスワード(PW)を記載し、「あなたの恥ずかしい動画を入手した」などと脅して仮想通貨での支払いを求める脅迫メールが横行している。交流サイト最大手の米フェイスブック(FB)などから大規模に流出した個人情報やPWが使われた可能性もあり、警察当局やセキュリティー団体は、要求に応じず、PWを変更するよう呼びかけている。  セキュリティー情報を発信する一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターなどによると、「仮想通貨を要求する脅迫メール」は、今夏ごろから複数パターンの英文が国内で流通し始め、9月からは日本語でも出現した。コンピューターウイルスを仕掛け乗っ取った▽ポルノを見ている姿を撮影した▽ばらまかれたくなければ、ビットコインを送金しろ--などと脅す内容が特徴だ。  メール送信者は何らかの方法で本物のPWを入手しており、各種ネットサービスからの流出が疑われるという。FBは利用者2900万人の個人情報が流出したと今月発表。9月に脅迫メールを受信した、コンピューターに詳しい横浜市の会社員(48)は「PWはFB用に数字4文字を入れていた。FBからの流出に間違いない」と話す。  ほかにも、大手交流サイトなどからの個人情報流出が続いており、米グーグルは、「グーグル+(プラス)」で最大50万人の個人情報が流出した可能性があると10月初旬に公表している。  国家資格「情報処理安全確保支援士」で、ワイズ情報技術サービス(大阪府泉大津市)社長の吉岡省吾さんが相談を受けた受信者も、交流サイト接続用だけに使っているPWが記載されていたという。「パソコン本体はウイルス感染していなかったため、交流サイトからの流出の可能性が高い。個人情報が漏えいすることを前提でネットサービスは使う必要がある。同様の脅迫メールを受信したら、早急なPW変更と、ウイルスチェックが必要」と警告する。【高橋望】(source)

Read more