沢田研二 損害4000万円超えか

歌手の沢田研二(70)が18日、横浜市内で日刊スポーツなどの取材に応じ、全国ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を開催直前に中止した件の真相を、自身の口で話した。9000人入ると聞いていた観客が実際には7000人だったことや、客席の一部がつぶされていたことなどから、自ら中止を決断したと明かした。【別カット】公園までは無言だった沢田研二沢田の所属事務所とイベント主催会社は18日、公式サイトで公演中止を謝罪した。いずれも「契約上の問題が発生したため、急きょ中止にした」と説明。チケットの払い戻しについては「決定次第、速やかにご案内させていただきます」としている。 さいたまスーパーアリーナを何度もライブで使用している都内のイベント会社では、今回の損害額を「4000万円を超えるのではないか」と推定した。開演直前の公演中止の場合、キャンセル料の減額が難しく、警備人件費や会場代で約3000万円かかることがあるという。これにステージの音響、照明やセット、スタッフ費用などを加え、さらにチケットの払い戻し手数料なども加わる。 沢田の事務所では18日「ホームページに書いてあることがすべて」とした。7月6日からコンサートツアー「70YEARS LIVE OLD GUYS ROCK」を開催中で来年1月21日の日本武道館公演まで全66公演を予定。21日の次回SAYAKAホール(大阪・大阪狭山市)公演についてチケット販売業者は「中止とは聞いていない」としており、開催される方向。オンライン分のチケットは完売している。沢田は04年10月にも、茨城公演を直前で中止したことがあった。(source)

Read more

のん なぜレプロと和解意向?

 所属事務所との独立騒動で芸名を「能年玲奈」から改名した女優のん(25)が、元所属先のレプロエンタテインメントに騒動の謝罪をした上で、再びマネジメントをしてくれるよう依頼していたことが18日、分かった。【写真】「能年玲奈」時代の、のん レプロによると、今月上旬にのん自ら都内の事務所を訪問。「過去についての謝罪と、マネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、本人との面会に至った」という。  のんは2013年のNHK「あまちゃん」に主演して大ブレークしたが、15年4月に独立騒動が勃発。「月給は5万円でパンツも買えなかった」などとレプロを激しく批判しながら、16年6月に独立を強行しただけに、わずか2年での突然の翻意に「正直、戸惑っている」(関係者)という。  そして、この“極秘面会”直後の様子を19日発売の写真誌「フライデー」(講談社)が報じていることが、さらなる疑念を生んでいる。レプロは「当事者しか知り得ないはずの情報が外部に漏れ、このような記事が出たことについては、大変不可解であり、誠に遺憾であります」とコメントし、面会情報が事前に漏れていたことへの不信感をあらわにしている。  また、同誌で「和解」と報じられていることにも「あくまで申し入れを受けただけで、何ら解決には至っておりません」と否定。来年のNHK大河ドラマ「いだてん」に、のんが出演するために事務所との和解を図ったとの見方について、NHK関係者は「全くない話」としている。  一方的な独立劇を引き起こしながら、なぜ突然翻意したのか。「仕事は行き詰まっていた。今のスタッフのままでは今後も展望が見えない」(関係者)との“本音”も聞こえてくるが、果たして本心は何なのか。今後の動向に注目だ。  ▼のんの独立騒動 15年1月に個人事務所を設立。その後、レプロとの対立が表面化。のんが公私にわたって付き合いのあった演出家を慕っていたことから“洗脳騒動”と報じられることもあった。16年6月にレプロを離れ、翌7月に芸名を本名でもある「能年玲奈」から「のん」に改めて活動を開始していた。(source)

Read more

萩原聖人 プロ麻雀Lで初勝利

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」10月18日の1回戦が行われ、チームカラーである黄色と黒のフェイスペイントで対局したTEAM雷電・萩原聖人(連盟)が、5戦目にしてMリーグ初、さらには麻雀プロとして初勝利を挙げた。  対局者は起家からセガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位)、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位)、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)。  「自分の麻雀人生をかけて、Mリーグという舞台に立ちたい」。俳優・萩原聖人のプロ入り電撃宣言は、スポーツ新聞をはじめ各メディアで報じられた。しかし開幕日は2試合で3、4着。その後、2度登場するも4着、2着と要所で見せ場は作るものの、思うような結果が伴わず「Mリーグで打つ麻雀とはなんなのか」と模索していた。  東1局、自他共に認める門前高打点スタイルの萩原が「死に物狂いでアガリたかったんで、格好つけている場合じゃない」と果敢な仕掛け攻撃を見せ、タンヤオ・ドラ4で8000点のアガリをものにした。  東2局では「これまでのMリーグをよく見ていたら七対子は生牌(しょんぱい=河に1枚も捨てられていない牌)が山に残っているケースがすごく多いイメージがあった」と生牌だった東を待ち牌にしたリーチを決断。これを見事リーチ・一発・ツモ・七対子・ドラ1と跳満1万2000点に仕上げて波に乗った。さらに南1局2本場ではダメ押しとなる跳満1万2000点(+600点、供託1000点)を加点し、麻雀プロとしてMリーグ初トップを取った。そして「正直、気丈に振る舞いつつもずっとトップ取れないんじゃないかと毎日思っていた」と誰よりも注目されるが故の苦しい胸の内を吐露した。  フェイスペイントには、自身に対する気合い等ではなく、Mリーグにかける想いがあった。「昨日メジャーリーグでドジャースの選手がドジャースカラーのペイントをしていたんで、やってみようかなと思った」と明かし「今後雷電サポーターの方やパブリックビューイングに来てくれたファンの方も、より盛り上がってくれるんじゃないか」と麻雀のプロスポーツ化を目指す思いを込めていたのだ。ちなみにTEAM雷電のロッカールームではチームメイトの瀬戸熊直樹(連盟)と黒沢咲(連盟)も雷電カラーのフェイスペイントで気持ちをひとつにしていた。  「Mリーグが面白いなと思ってもらえるような展開を作っていきたい」と、まだ誰も見たことの無い麻雀界の未来を模索し続ける男。麻雀プロとして、Mリーガーとしてその物語は始まったばかりだ。【福山純生(雀聖アワー)】 【1回戦結果】 1着 TEAM雷電・萩原聖人(連盟)4万2000点/+62.0 2着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位)2万3400点/+3.4 3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)1万8400点/▲21.6 4着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位)1万6200点/▲43.8 ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会 ◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。(source)

Read more

M-1 漫画家コンビ準々決勝へ

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』3回戦の結果が19日に発表され、漫画家の森田まさのり氏(51)と長田悠幸氏(42)によるお笑いコンビ・漫画家は、見事に準々決勝への進出を果たした。【写真】原画に大興奮…『ROOKIES』森田まさのり氏の自宅に潜入! 森田氏は『べしゃり暮らし』、長田氏は『キッドアイラック!』とそれぞれ“お笑い”をテーマにした漫画を執筆している2人は、今年6月にコンビを結成して『M-1』に挑戦。8月に行われた1回戦では、漫才の舞台は3回目という状況ながらも見事に通過し、勢いのままに今月5日の2回戦も通過、3回戦への舞台へと駒を進めた。  17日にルミネtheよしもとで行われた3回戦の出番を終えた直後、2人はORICON NEWSのインタビューに対応。森田氏は「ルミネかと思って…出た瞬間のことを覚えていないですね。何となく(観客の)顔は見えているんですけど、表情は見えないんです」と振り返り、長田氏は「今までの中でベストなネタができました。手応えは五分五分です」と語っていた。  準々決勝は11月5日に大阪・なんばグランド花月、6日に東京・NEW PIER HALLで行われる。準々決勝にはそのほか、和牛、さらば青春の光、相席スタート、マヂカルラブリー、チョコレートプラネット、かまいたち、三四郎、ジャルジャルなどが進出した。  2015年に5年ぶりに復活した同大会は、プロ・アマ・所属事務所を問わず、2人以上で結成15年以内のコンビ(2003年1月1日以降の結成)が出場可能。8月1日より1回戦がスタートし、決勝戦は12月にABC・テレビ朝日系にて生放送、優勝賞金は1000万円となっている。(source)

Read more

ベビメタ YUIMETALが脱退

 3人組メタルダンスユニット・BABYMETALのYUIMETALが体調不良のため脱退することが19日、わかった。公式サイトで発表された。【画像】SU-METAL、MOAMETALを中心とした新体制となるBABYMETAL 同サイトでは「昨年12月の広島公演を体調不良のため欠席して以降、活動をお休みしておりましたYUIMETALですが、本人の復帰への希望を受けて、メンバーおよびスタッフによる長きにわたるサポートを続け、ステージへの復帰を待っておりましたが、この度、本人の意向により『BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN』10月公演への出演を見送るとともに、BABYMETALを離れることとなりました」と脱退を発表。  YUIMETALこと水野由結の個人ページでは本人のコメントが掲載され「しばらく欠席が続き、沢山の方にご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。何度も考え直したのですが、私はこの度BABYMETALを辞めさせていただくことになりました」とファンに報告。「BABYMETALを応援してくださっているファンの皆様、悲しませてしまって本当にごめんなさい」とお詫びし「もう1度ステージに立ちたいという強い思いもありましたが今も体調が万全ではないこと、そして以前からの私の夢、水野由結としての夢に向かって進みたいという気持ちもあり、今回このような決断をいたしました」と説明した。  今後の活動については「SU-METAL、MOAMETALを中心とした新たBABYMETALへと生まれ変わり、10月23日の千葉・幕張メッセイベントホール公演を皮切りに開幕する『BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN』から新体制をスタートいたします」としている。  YUIMETALは、昨年12月2・3日の広島グリーンアリーナ公演を体調不良のため欠席。現地時間5月8日にアメリカ・カンザスシティで開幕したワールドツアー『BABYMETAL WORLD TOUR 2018』での復帰が期待されていたが、初日公演のステージにYUIMETALの姿がなかったことが現地のファンからSNSで報告された。公式アナウンスがなく、その後も復帰していなかったことから心配の声が広がっていた。  BABYMETALは小中学生限定グループ・さくら学院から派生したクラブ活動ユニットで、2010年11月にSU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALの3人で結成された「重音部」からスタート。13年1月に「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でトイズファクトリーからメジャーデビューした。さくら学院卒業後も3人で活動を続け、欧米でも積極的にライブ活動やリリースを重ねてきた。

Read more

積木くずし 穂積隆信さん死去

 非行に走った実娘との日々を描いたノンフィクション「積木くずし~親と子の二百日戦争~」(桐原書店)の著者で、俳優の穂積隆信(ほづみ・たかのぶ、本名・鈴木隆信=すずき・たかのぶ)さんが19日未明、胆のうがんのため神奈川県内の病院で亡くなったことが分かった。87歳だった。所属事務所が明らかにした。【写真】輪島大士さんの葬儀・告別式で「千秋楽」を歌うデーモン閣下 所属事務所によると、体調を崩し8月に病院に行ったところ、黄だんの症状が出て、胆のうがんであることが判明、入院していた。穂積さんは生前、「(遺体は)献体に回してほしい」と希望していたという。葬儀・告別式は未定。  静岡県出身。1953年に俳優座養成所を卒業し、59年に「にあんちゃん」で映画デビュー。悪役やとぼけた役もこなすバイプレーヤーとして映画、ドラマに出演し、洋画の吹き替えでも活躍した。近年も定期的に活動しており、今年2月には東京・三越劇場での舞台にも出演していた。  1982年、当時中学生だった実娘の由香里さん(03年死去、享年35)が不良少女となり、非行から立ち直らせるまでの葛藤の日々を描いた「積木くずし―」は280万部の大ベストセラーに。当時深刻な問題となっていた10代の非行に一石を投じる作品となった。翌年にはTBS系で連続ドラマ化され、穂積さん役を前田吟(74)が、由香里さん役を高部知子(51)が演じ、最終回の視聴率は45・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。同年11月に映画化もされ、社会現象となった。  「積木くずし」は続編も執筆され、穂積さんも教育評論家として一躍時の人となったが、金銭トラブルなどで多額の負債を抱え、妻とも87年に離婚。93年に再婚した。穂積さんは2012年に、後日談を含めた「積木くずし 最終章」を執筆。同11月にフジテレビ系でスペシャルドラマ化された際には穂積さん本人も特別出演していた。(source)

Read more