「エグス」おばら 仕事で返す

昨年12月に交際相手の女性に軽傷を負わせたとして傷害容疑で書類送検(不起訴処分)され、活動を休止していたダンスユニット「エグスプロージョン」のおばらよしお(36)が27日、都内でファンクラブ会員限定イベントを行い、芸能活動を再開した。【写真】JOY「縁切り」騒動で謝罪したお笑い芸人 昼公演を終え、取材に応じたおばらは「この度の自覚の足りない行動で、皆様に大変なご迷惑をおかけしましたことをお詫(わ)びさせてください。申し訳ありませんでした」と謝罪し、深々と頭を下げた。
 「この度起こした騒動の重大さを真摯(しんし)に受け止め、このまま芸能生活を引退するつもりでいた」。10月末に相方・まちゃあき(37)と休止後初めて会い、話し合いをして翻意。「事務所の皆さん、ファンの皆さんの温かいお言葉と、まちゃあきから『またイチから頑張ってみよう』と励ましのような言葉をいただき、責任を取って引退するよりもお仕事で返していこうと。芸能活動を再開するに至りました」と経緯を説明した。
 まちゃあきとは約8か月ぶりのステージ。「思っていた以上に、緊張をしてしまいました…。スポットライトの下で、ダンサーとしてステージに立てるのは、うれしいなというのが率直な気持ち。(ステージに立って、改めて)2度とこういうことはしないと誓いました」。謹慎期間中、がむしゃらに汗を流した。「(できる限り)家にいないように、体を動かしていた。弟が休みの度に支えてくれてバスケットボールをしたり」と支えに感謝した。
 2人は「本能寺の変」など歴史をテーマにしたダンスで知られるユニット。来年1月12日から東京・新宿シアターサンモールで、まちゃあきが演出を務める舞台「KAKERU」(15日まで)を控える。
 おばらは「まちゃあきがずっと練り上げていたもの。精いっぱい、力いっぱいぶつけて活躍したい。持てるものを注ぎ込みたい」と恩返しを約束。まちゃあきは「ウジウジするなという気持ちが強かった。ちゃんと謝ろうぜと。私の方が完全に立ち場が上になりましたから(笑い)、こき使ってやろうと思います」と話した。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: