おばた すれ違いの結婚生活

「”モノマネ芸人”と”アナウンサーの旦那さん”。そうじゃない部分で仕事ができるのは嬉しい」と話すのは、芸人・おばたのお兄さんだ。テレビやSNSで見かける「まーきの!」とおちゃらける顔とは全く違う姿がそこにあった。金曜日、22時過ぎ。今日は取材は4本受けたという。この取材の後、楽曲制作が待っている。秋元康プロデュース、吉本興業の選抜メンバーで結成された「吉本坂 46」のメンバーとしてCDデビューが控えているのだ。新しいチャレンジに一発屋で終わる気は、ない。とはいえ、なぜ一発あげることができたのだろうか? 揶揄するのは簡単だが、ほとんどの人は一発すらあげられないのだから――。【BuzzFeed Japan / 嘉島唯】Twitterで度々話題になる「まーきのっ」【動画】
――Twitterでもテレビでもよく見る、小栗旬さんのモノマネはどうやって生まれたんでしょうか?
僕は以前コンビを組んでいたのですが、もともと小栗さんのファンだったので、単独ライブの合間に、映画『クローズ』のパロディーVTRを作ってたりしてたんです。
ピン芸人になってから、自分は「ネタで勝負できるか」と考えたんですが、違うなと。でもテレビに出たいし、メディアにも露出したい。
自分でもいけそうだと選んだのが、モノマネとリズムネタでした。お笑いのブームを作るのは、どんな時でもリズムネタ。モノマネはテレビに出やすい。あとは他人がやっていないこと。
――他人がやっていないこと。
具体的に言うと、セグウェイに乗ったネタです(笑)。
モノマネ、リズムネタ、セグウェイ。その3つに絞って、ブレずにこれだけやろうと決めました。評価されなくていいから、テレビに出たい。これだけ1年間やっていたら「小栗旬さんのモノマネ」が引っかかったんです。
――最初、Twitterでバズったんですよね。
そうです。Twitterで回った感じです。「まーきのっ!」って言っているので、サッカーの槙野選手が「呼んだか?」と返してくださったり、著名な方が「面白い」と言ってくださって。
――ある日突然バズったってことですか?
突然でしたね、本当に。でも、正直……その収録の時に、今までに感じたことのない「あれ?これはもしかしたら、何かあるかも」というザワザワした感覚があったんです。
現場でも、プロデューサーや演出家の方が「面白かったよ」と声をかけてきてくれて。
「これが手応えってやつなのかな?」と思って、オンエアの日に合わせてツイートの準備をしておいたんです。どんな小さなチャンスでも、その時に動き出さないとダメだから。
――どんな準備を?
ツイートの文章も写真も準備しておいて、Tweetボタンを押せばOKという状態にしておきました。
自分がテレビに出てウケたとしたら、見ている人は次のCMの時に「あいつは一体誰だったんだ」と調べるだろうと思ったので、CMのタイミングでツイートしました。
――これが当たった…?
本当に……無名の芸人なのに10分間で1000リツイートぐらいいったんですよね。グワーッて回って、読みが当たったんですよ。実は、Tweetの内容も算段がありました。
――どんな読みがあったんですか?
「自分だったら、気になるものを見つけた時、どうやって調べるのか?」って考えながら内容を考えました。
テレビで披露したネタは、小栗さんの姿でPPAPのモノマネして、オチが「ぽいっ…まーきのっ!」。取っ掛かりになる要素を分解すると「小栗旬」、「モノマネ」、「PPAP」、「まーきのっ!」、「ぽいっ!」かなと。
引っかかりそうなキーワードをリストアップして、それを全部文章の中に入れたんですね。逆に「おばたのお兄さん」という芸名はいれませんでした。
――なぜですか? 自分の名前を売り出したいって気持ちは、抑えた……?
僕の名前はみんな知らないだろうから。名前なんて後からでいいんです。覚えてもらうのは。
例えば「細かすぎて伝わらないモノマネ」を見て誰かと会話する時、「こういうモノマネしてた人、見た?」って話すと思うんです。名前よりも、ネタのキーワードの方が断然強い。
そしたら案の定……通知が止まらないんですよ。1日で2万人ぐらいフォロワーが増えました。このバズを見たのか、事務所から「これから何かあるかもしれないから、動く準備をしていきましょう」と電話がかかってきたんです。
――バズを計算していたと。
SNSも好きだったので、いろんな投稿をして随時分析していたんです。何がバズって、どうやったら人の目に止まるのかって。
モノマネ、リズムネタ、セグウェイ。3つに絞った段階では表現の幅としては我慢してたと思います。他にやりたいネタはありますからね。でも、絞った方が成功する確率高いから……こんなに手の内を明かしちゃうと、笑ってもらえなくなっちゃうかもしれませんが。ずる賢いだけです。
――小栗さんと最初に会ったときはどうでした?
僕は勝手にモノマネしているわけですから怖かったですね。番組のドッキリ企画だったので否応なくお会いしたんですけど……。本当にかっこいいし背は高いしスラッとしてて、かなり緊張しました。でも、すごく寛容な方で……今はプライベートでも仲良くしていただいて。
――一気に仲良くなったんですか?
いや……初対面から1年半ぐらいしてから、ようやく小栗さんのボケにツッコめるようになりました(笑)。「いや、あんただよ!」とか。勇気振り絞りながら言いましたけれど。やっぱり、仲良くしていただいても距離感は間違えると不快になりますから。
小栗旬さんの影響力ってやっぱりすごいんです。芸能人の方からも「小栗君のモノマネの子だよね」で知ってもらったりして…小栗さんのおかげです。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: