きゃりー 飽きたと言われても

Twitterのフォロワーは520万人。写真を投稿するだけでネットニュースになる。人気アーティストといえば、きゃりーぱみゅぱみゅだ。新年早々、新MV『音ノ国』を公開し、ファンシーな世界観を打ち出す。2019年は、自身初の神社でのライブツアーも敢行予定だ。アーティストとしてすっかり腰を据えたように見えるが、当初彼女は「ただのネットユーザー」として注目を集める少女だった。【BuzzFeed Japan / 嘉島唯】新年感たっぷりのきゃりー新MV『音ノ国』
――きゃりーさんが、原宿系の雑誌『KERA』に登場したのが2009年。今年で10年になりますね。
確かに! KERAからすると10年ぐらい。当時は、ニコ生をやったりしてましたね。友達同士で変顔の写真を撮ったり、連写で遊んでることが多かったんですけど、自分の身の回りのことを発信して、コメントとかリアクションがつくのが楽しかった。Tik Tokみたいな感覚ですね。mixiも使ってたかな。一般人でも何か発信できるのが嬉しかった。
――他人の目が怖いという気持ちはなかったんですか?
私は幼少期すごく人見知りが激しくて気が弱いタイプだったんです。でも、高校生の時に原宿っていう街を知ってから変わった。
私は女子校に通っていたんですけど、校内は「おとなしいグループ」と「イケてるグループ」でなんとなく分かれてて。私は、どちらにも属さない人間だった。
刺激のない毎日を送っていたんですけれど、原宿だけは違った。好きな格好して歩いていると「その服すごくいいね」って言ってもらえる。あ、なんか気持ちいい。好きなことやってこの褒められるのはいいな。そう思ってから、自分で発信したことに対してレスポンスが来ることがすごく嬉しくなったんだと思います。
――原宿という街のリアルなリアクションが、ネットでの発信を後押した?
そうですね。当時は、髪の毛は相当カラフルだったし、ピエロの顔とかかいて歩いてたんですけど、地元だと「あいつ大丈夫かよ」っていう目で見られる。お母さんからも「奇抜すぎるからやめて」って言われたこともあります(笑)。
でも、原宿だけはスナップに撮ってもらったり、外国の方が一緒に写真を撮ってと言ってくれたり。表現することを評価してもらえる居場所みたいな街だった。ネットもそういうところはありますね。
――最初、きゃりーさんはファッションブロガーでしたもんね。2014年が最終更新でした。
えっ……あれ今も見れるんですか? さすがにもう閉鎖した方がよくない?(笑)
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: