すみれ 出演審査何回も落ちた

女優、シンガー、モデルなどマルチな肩書きを持つ、すみれさん。約3年前のコスモポリタンのインタビューで、ハリウッド進出を目標にしていると語ってくれた彼女はまさにその夢を実現して、現在は日本とアメリカを拠点に活躍中! 苦手だったという日本語もすっかり流暢になった、すみれさんの最新インタビューをお届けします!
当時は日本がメインだったのが、今はアメリカでも活動させていただているのが大きな変化ですね。とはいえ、アメリカはまだちょこっと触ったくらいなんですけど(笑)。今後は両国をどんどん行き来して、1年に半々くらい、日本とアメリカにいるようなスタイルにしたいです。どちらのエンターテイメント業界でも働いていきたいなと思っています。
意外にも大ベテラン女優のウーピー・ゴールドバーグさんがインタビューを受けてくださったり、ニコール・キッドマンさんが手を振って、にこにこしてくれたり、大好きなサム・ロックウェルさんに会えたり、とにかく大スターだらけで、ずっと目がキラキラしていました。憧れていたスターもいっぱいいて、特にジェニファー・ローレンスさん。大好きなんですよ! インタビューはできなかったんですけど、手を振ってくれて、すごくうれしかった!
セレブが歩いてくるのを見つけたら、名前を呼んで「お願いします! インタビューさせてください!」って、叫ぶんですけど、各国のレポーターがいっぱいるから、もうバトルなんですよ。私は今回が初めてだったから、特に大変でした。聞きたいことをいろいろ考えていたのに、全部真っ白になってしまって。レッドカーペットに立ってインタビューされる側にいたいなって思いますね。いつかは!
ギリギリに台本がきたり、セリフが急にガラっと変わっちゃったりすることですね。『マーベル インヒューマンズ』っていうドラマをやらせていただいたんですけど、マーベルだから、内容とか極秘扱いだったんです。メインキャストの皆さんは台本を先にもらえるんですけど、私はサブメインだったので、ギリギリに台本をもらって、慌ててセリフを覚えるという状態で。しかも誰がどう動くみたいなことも全然わからないので、必死に台本を読んで、まわりの動きも勉強して、本当に大変でしたね。オーディションでも当日に台本を渡されることもあるので、常に準備OKにしておかないといけないんです。私の場合、英語は大丈夫なんですけど、もしこれが日本語だったら絶対に無理だと思います。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: