カナブーン メンバーが胸中

 ロックバンド・KANA-BOONが14日、公式サイトを更新。ベースの飯田祐馬との連絡が取れず、音信不通の状態が続いていることについて、メンバーの谷口鮪、古賀隼斗、小泉貴裕が胸中をつづるとともに、ファンへメッセージした。【個別写真】KANA-BOONのベース担当・飯田祐馬 きのう13日にサイトでは「6月5日より、飯田祐馬(Ba)と連絡が取れておらず、あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております」と伝え「すでに、ご家族より警察へは捜索願を提出しております」と説明。あわせて、15日の企画ライブ『KANA-BOONのOSHI-MEEN!!』の中止を発表した。
 一夜明け14日に更新されたサイトでは「日頃、僕達を、僕達の音楽を好きでいてくれているみなさんに、多大な心配をかけてしまったこと、とても申し訳なく思っています」と詫び「日頃、僕達を、僕達の音楽を好きでいてくれているみなさんに、多大な心配をかけてしまったこと、とても申し訳なく思っています」と重ねて謝罪した。
 続けて「この日に向かっていくみなさんの気持ちと、出演を快諾してくれたゲストのみんなの気持ちを想像すると、この決断はとても心苦しいものでした」とつづり「僕達の元へも、めしだの現在の状況は届いておらず、心の整理がついていないのが正直なところです」と胸中を吐露した。
 連絡がつかなくなる前日についても「バンドのこれからについての真面目な話や、他愛ないくだらない話をしていました」と明かし「事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます。メンバーとして、友達として、とても心配です。ただただ無事を祈るばかりです」と記した。
 それでも「このまま落ち込み続けていても何も変わってはくれないので、僕達は自分達がいままで作ってきた音楽を想いながら、なるべくポジティブなイメージを持って日々を過ごすことにします」といい「難しいことは重々承知ですが、みなさんもどうか不安や悲しみにとらわれ過ぎずにいてもらえたらと願います」とメッセージ。
 最後は「ファンのみなさん。先輩、後輩、同期のバンド仲間達。スタッフのみなさん、音楽の世界に携わるみなさん。僕達を支えてくださって、めしだを気にかけてくださって、ありがとうございます」と感謝の言葉で結んでいる。
■以下、コメント全文
日頃、僕達を、僕達の音楽を好きでいてくれているみなさんに、多大な心配をかけてしまったこと、とても申し訳なく思っています。
そして15日のイベントを楽しみにしてくれていたみなさん、公演中止となってしまいすみません。
この日に向かっていくみなさんの気持ちと、出演を快諾してくれたゲストのみんなの気持ちを想像すると、この決断はとても心苦しいものでした。
僕達の元へも、めしだの現在の状況は届いておらず、心の整理がついていないのが正直なところです。
公式の連絡とともに、メンバーからのメッセージを伝えたかったのですが、言葉にするのに時間がかかり、一夜明けてとなってしまいました。
めしだがいない中でのリリースとプロモーションもみなさんを不安にさせてしまったと思いますが、4人で完成させたものを届けるため、精一杯やらせてもらいました。
リリースに至るまでの活動の中で、4人で、或いは僕とめしだの2人で行ったものもありますが、バンドの現在や未来を語った言葉達はすべて本物ですし、そこにあるめしだの笑顔は偽りないものだったと思っています。
僕達の付き合いは10年以上になりますので、仲が良いとわざわざ口にするのも面倒なほどの関係です。
連絡がつかなくなる前日も、バンドのこれからについての真面目な話や、他愛ないくだらない話をしていました。
なので、事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます。
メンバーとして、友達として、とても心配です。
ただただ無事を祈るばかりです。
このまま落ち込み続けていても何も変わってはくれないので、僕達は自分達がいままで作ってきた音楽を想いながら、なるべくポジティブなイメージを持って日々を過ごすことにします。
難しいことは重々承知ですが、みなさんもどうか不安や悲しみにとらわれ過ぎずにいてもらえたらと願います。
今回の自主企画は中止という形をとらせてもらいましたが、それ以降、お誘いを頂いて決まっているライブがたくさんあります。
なので、とにかくめしだが無事に戻ってくることを信じながら、KANA-BOONとしての活動を休止せずに続けていきたいと思っています。
どういった形でライブを行うかは、またあらためてご報告させてください。
最後に
ファンのみなさん。
先輩、後輩、同期のバンド仲間達。
スタッフのみなさん、音楽の世界に携わるみなさん。
僕達を支えてくださって、めしだを気にかけてくださって、ありがとうございます。
KANA-BOON 谷口鮪・古賀隼斗・小泉貴裕
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *