キムタクら炊き出し 豪雨の呉

 俳優の木村拓哉(45)が4日、西日本豪雨で大きな被害を受けた広島県呉市を訪れ、炊き出しを行った。
 木村はジャニーズ事務所の後輩、V6の三宅健(39)と俳優の生田斗真(33)とともに、同市内の天応小学校などを訪れ、カレーやステーキ、お菓子の詰め合わせなどを被災者に手渡した。写真撮影にも気軽に応じ、子供たちは「かっこよかった」と大喜びだった。
 豪雨からまもなく1カ月となるが、同地区は近隣の道路が封鎖されていたことなどから大型の機械が入れず、大量の土砂やがれきが残ったままの状態で、3日からようやく本格的な復旧作業が始まったばかり。被災者によると、木村は地元メディアに「自分らに会うことで笑顔になってもらえるのでこういうことは継続していくべきだと思った」と語っていたという。
 木村は先月20日、パーソナリティーを務めるラジオ番組で「いろんな報道を見て、何ができるんだろうとずっと考えている」と話し被災地への支援を呼びかけていた。
 この日、3人が着ていたTシャツと帽子には、豪雨を受けジャニーズ事務所が立ち上げたプロジェクト「Smile Up! Project」の文字が。これまで嵐の松本潤(34)と二宮和也(35)が、被災した広島、愛媛、岡山の各県をそれぞれ訪れ、義援金各5000万円の目録を手渡しているが、それに続いて支援の輪が広がった形だ。「あのTシャツは事務所全体で支援してくれているという意味だよね?本当にうれしい」と、ツイッター上に感謝の書き込みをする被災者も多く見られた。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: