グラビア続行 こじるりの意志

今年も”こじるりの夏”がやって来た――。夏真っ盛りの週刊プレイボーイ36号(8月20発売)の表紙を飾ってくれたのは、こじるりこと小島瑠璃子。
2012年に週プレのグラビアに登場。その後、バラエティに引っ張りだこで多忙を極めるなか、今なおグラビア界の第一線でも活躍し続けている彼女の、グラビアにかける思いが明らかに!
■好きでやってるからすごく楽しいんです
――グラビアデビューしてから今年で7年目になります。
小島 7年たってもこうして表紙にしていただけて、本当にありがたい限りです。
――いえいえ、むしろこれだけバラエティなどで活躍されているのに、いまだにグラビアをやってくれていること自体、こちらのほうこそ本当にありがたい限りですよ!
小島 実は最近、いろんな人にびっくりされるんですよね。「グラビアやってるの!?」とか「グラビアまだやるの?」って。でも、私的には毎年当たり前のようにやってきたことだし、好きでやってることだからすごく楽しいんですよ、グラビア。
――グラビアが楽しいのは、始めた頃からですか?
小島 さすがに最初は「どうするのが正解なんだろう」っていう気持ちもあったけど、それでも海外や沖縄へ行って、撮影中にその場所できれいな景色を見られたりするだけで楽しかったです。水面が写るようにしないと水がないように見えるくらい透明度が高い海とか。そういう場所をスタッフさんと一緒に見つけて、「ここで撮ろうよ!」ってきゃっきゃするのが楽しくて。”インスタ映え”なんて言葉がはやるよりもずっと前から、私はインスタ映えしそうな場所を探し続けてきましたよ、グラビアの撮影で(笑)。
――受け身ではなく、小島さん自身も能動的にグラビアの作品作りに参加するイメージでしょうか?
小島 そうですね。撮影チーム全員でいい写真を撮りにいこうっていう気持ちで、毎回グラビアの撮影に臨んでます。
――すごくいい心持ちですね。今までに行ったことのないこんな場所でグラビアの撮影をしてみたいとかは、あります?
小島 なんか、壮大な自然に囲まれた場所がいいなぁ。ジャングルとか! 近場で知ってるジャングル、ありません?
――すみません、ちょっと存じ上げないです(笑)。
小島 ですよね(笑)。肌も焼けてるし、野生的な感じで撮影したいです。イメージは、ケイティ・ペリーの『Roar』っていう曲のMVがぴったり。緑だけじゃなくて川があったり、ゾウやライオンと戯れたり、バリエーションもたくさん撮れると思いますよ!
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: