サザエさん制作陣「母」追悼

 フジテレビは3日、アニメ「サザエさん」の初代・磯野フネ役を務めていた麻生美代子さんが死去したことを発表した。92歳だった。麻生さん所属の俳協(東京俳優生活共同組合)も各社に訃報を送付。亡くなったのは、8月25日の午前7時23分、「老衰により永眠いたしました」と記した。【写真】「サザエさん」フネとサザエ 麻生さんは、1969年10月の初回放送より2015年9月まで46年に渡って、フネ役を担当。
 フジテレビなど「サザエさん」の制作スタッフ一同は「放送開始から46年の間、麻生さんに演じ続けていただいたフネさんは、優しくてしっかり者でありながらかわいらしいところもある、磯野家の自慢の母でした。ひとりの女性として誰もが憧れるフネさん像を築いてくださったことに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。『サザエさん』スタッフ一同、これからも麻生さんの思いを大切につないでいきたいと思います。本当に、ありがとうございました」とのコメントを発表。“磯野家の母”の死を悼んだ。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: