テニプリ 新作映画が20年公開

 声優の皆川純子、置鮎龍太郎、近藤孝行、甲斐田ゆきが22日、千葉・幕張メッセで開催されている『ジャンプフェスタ2019』内の『新テニスの王子様』ジャンプスーパーステージに、作者の許斐剛氏、テニミュ青学キャストとともに登壇。許斐氏から新作劇場版アニメ『リョーマ! 新生劇場版テニスの王子様』が2020年早春に公開されることが伝えられた。原作では描かれていない『テニスの王子様』と『新テニスの王子様』の物語の間にある空白の3ヶ月に迫るエピソードが展開され、完全オリジナルとなる。【写真】声優陣も登場したテニスの王子様スーパーステージの様子 『テニスの王子様』は1999年から2008年まで『週刊少年ジャンプ』、09年から第2シリーズ『新テニスの王子様』として『ジャンプスクエア』で連載がスタートしたテニス漫画。01年にはテレビ東京系でアニメ化もされて多くのファンを獲得し、その人気は衰えることなくイベントや映画化などが行われてきた。
 イベントでは漫画のコマにあわせて各キャラクターを担当している声優陣が名せりふを披露したほか、声優陣4人が登場し担当しているキャラソング「FREEDOM」を歌唱して会場を盛り上げた。
 来年連載20年を迎えることについて許斐氏は「もう10年続けたい! 漫画の方を頑張っていく所存」と意気込んだ。原作は約20年前の作品だが、テニミュキャストは若手俳優中心とあり、越前リョーマ役の皆川は「みんな生まれていた?」と質問。テニミュキャストは「僕らはアニメを見ていた世代なんです!」と憧れの声優陣を見て興奮していると、不二周助役の甲斐田は「そうなのー!」と喜んだ。
 最後に許斐氏はサプライズで「2年後に劇場版が始動します。映画のタイトルを発表します。『リョーマ! 新生劇場版テニスの王子様』です。タイトルロゴはステンドグラスをイメージしました」と発表。「『テニスの王子様』と『新テニスの王子様』の間の3ヶ月に何があったのか…」とストーリーと資料の一部も公開し「オリンピックイヤーの幕開けとして、世界に通じるコンテンツとして全世界に知らしめたいと思います」と2020年早春に公開すると伝えた。
 イベント終了後には自身のツイッターを更新し「待ちに待った企画から制作総指揮させて戴いている新作劇場版♪ いよいよ発表出来ました‼️ 『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』2020年早春全国公開決定です‼」と呼びかけた。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: