ネットで訴訟費用調達 広がる

 インターネットで支援を募る「クラウドファンディング」(CF)を活用し、裁判にかかる費用を集める事例が増えている。訴訟に特化した専用サイトも登場。社会的な問題を訴える裁判では、弁護士らがボランティアで活動することも少なくない。専門家は「CFで資金面の制約がなくなれば、訴訟のハードルが下がる」と注目している。【選んだ道は地下アイドル ファンと緊密、数千人】 「あなたの支援が社会を変える」。こううたった訴訟専用のCFサイト「リーガルファンディング」が、今年10月にできた。東京の弁護士らで作る社団法人が運営している。
 サイトでの第1号は、愛媛県を拠点とする女性アイドル(当時16歳)の自殺を巡る訴訟だ。過重労働やパワハラが原因だとして、遺族が所属会社などに損害賠償を求めている。弁護士の交通費など300万円を募り、10月から今月25日までに、延べ378人から計約200万円が集まっている(来年12月まで)。
 法人代表理事の望月宣武(ひろむ)弁護士は「資金がなくて裁判を諦める人を減らしたかった」と話す。薬害など公益性の高い問題に関する訴訟は長期化し、費用が膨らんで取り下げられたり、勝訴しても実質は「赤字」になったりする例が多いという。
 サイトは「寄付型」と呼ばれる形式で、裁判の状況は報告するが、返礼品はない。提訴しないなどのトラブルを防ぐため、弁護士の受任が条件。支援者はクレジットカードで寄付し、集まった金額の10%が手数料として法人に入る仕組みだ。弁護士が一般人と報酬を分けるのは弁護士職務基本規程で禁止されており、資金は依頼者が受け取る。
 国内で初めてCFを活用したとされるのが、医師免許がないのに入れ墨(タトゥー)を客に施したとして医師法違反罪に問われた訴訟。罰金30万円の略式命令を受けた彫り師が、自ら正式公判を求めた。今年4月までに約340万円を集め、海外の判例の翻訳費用などに使われた。1審は有罪判決だったが、大阪高裁は11月に無罪を言い渡した(検察側が上告中)。担当の亀石倫子弁護士は「弁護士業界も手弁当で続けるのは限界。CFで広く支援が集まれば、活動の支えになる」と話す。
 東京医科大の入試で女子受験生らが不利になる得点操作が行われた問題でも、弁護団がCFサイトで寄付を募集。目標の250万円を大きく超え、25日現在で約680万円が集まっている(28日締め切り)。
 CFに詳しい桃山学院大の松尾順介教授(証券論)は「費用だけでなく、裁判への共感を広げる意味でCFは効果的。資金がどう使われたか、透明性の確保が大切だ」と指摘する。【戸上文恵】
 ◇クラウドファンディング(CF)
 クラウド(群衆)とファンディング(資金調達)を組み合わせた言葉で、インターネットで不特定多数の人から小口の資金を集める仕組み。返礼品のない寄付を求める「寄付型」や、金額に応じた商品やサービスを届ける「購入型」などがある。被災地への寄付など、多様な分野に活用が広まっている。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: