ヒカキン兄語る 同業弟の存在

SEIKIN。31歳。彼の弟は日本で一番有名なYouTuber、HIKAKINだ。弟に「投稿してみたら」と誘われて動画を投稿してから約6年。人気YouTuberとして活躍し、弟と共に歌う『今』でミュージックステーションに出演するまでに至る。人気商売で不安定なイメージもあるYouTuberだが、トップを走り続けるクリエイターは何を考えているのか? 兄として同業者である弟に何を思うのか? 話を聞いた。出演したミュージックステーションの舞台裏【動画】
SEIKINがYouTubeに動画を投稿し始めたのは、2012年のことだった。弟のHIKAKINから「投稿してみたら?」というフランクな提案をされたのだ。
ネット上に自分を出すことに抵抗はあまりなかった。2007年から、高校生だった弟が日本語に非対応だったYouTubeに動画を投稿している姿を見ていたからだ。兄として出演したこともあった。SEIKINという名前は、先輩である弟から提案されたものだ。
「どこにアップするわけでもなく、歌を録音してたんです。YouTubeで生計を立てられるとも思ってませんでしたし、当時はそういうツールもなかった」
会社員として働きながら、YouTubeにのめりこんでいった。
「朝出社して、夜遅く帰ってきて、夜中に撮影、朝まで編集……みたいな。仕事はできるだけ早く終わらせて。家で撮影が待ってますからね。どうやったら再生回数が伸びるのか? 最初は歌だけでしたが、レビューを始めたり……そんな日々が2年ほど続きました」
「正直、体力的にはかなりしんどかったです。フラフラな時期もありました。でも、YouTubeを見てもらえるってやっぱりすごく嬉しくて。UUUMから声をかけてもらったときに、一本にしようと決めました。食えるかわからない。でも勢いに身を任せて」
YouTuberは人気商売。好きなことを仕事にできる一方、数字が毎日更新され、動画をアップロードするペースを落とせない仕事でもある。ライバルも多い。
「研究も兼ねて海外も日本も問わずYouTube内の動画はすごく見ます。海外の流行を日本でどうローカライズさせて紹介しようかなと考えながら。あと、単純に好きだから見ます。はじめくんとか東海オンエアとか。こんな派手なことやってんの!? すげー!! って」
数多のクリエイターが活躍する中、嫉妬感情は芽生えることはないのだろうか?
「あはは。ライバル心は多少あります。僕も頑張らなきゃなっていう気持ちは当然ある」と淡々と話す。
「はじめしゃちょーだったら彼にしかできないこともある。オリジナリティーを出すことが大事なのかなと。僕だったら……毎年出す歌。これが大きい」
SEIKINはもともとアカペラ動画からキャリアをスタートさせた。今でこそゲームの実況中継やレビュー、「やってみた」動画など幅広く動画を作っているが、根本にあるのは歌だ。このアイデンティティが彼の穏やかさを支えている。
「僕はずっと歌が好きで、小学生の時から声を録音していたんです。主旋律をラジカセで録音して、次はもう一個のラジカセを使ってコーラスを重ねていく……みたいなアナログなことをやっていました。僕がボーカルをやってHIKAKINがボイパをやったり。あいつ、昔はコーラスもやってたんですよ」
好きで作ってきた歌を発表する場所として、初めて手に入れたのがYouTubeだった。
会社員時代に行きつけのラーメン屋の歌を口ずさんでいたところ、HIKAKINから「せっかくだからYouTubeの歌も作ってみてよ」と言われ、完成したのが『YouTubeテーマソング』だった。
この曲自体が完成したのは2012年。当時は楽曲制作する手段もコネクションも持っていなかったが、2016年にアレンジを加えてリリースした。
「『YouTubeテーマソング』は直感だけで作った歌詞とメロディーだったので、受け入れてもらえるのか心配でした。でも、絶対に出したかった。当時はYouTubeのクリエイターが歌をリリースするっていうこと自体、ほぼありえないことだったので」
「日々出している動画とは違う反応が来た。不安はありましたけど、毎日のおもしろネタとは違う価値がある。本当はもっと音楽を作っていきたい。でも、日々の動画制作との両立はやっぱり大変。せめて1年に1回は作詞作曲から手がけた歌を作りたいって思ってます」
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: