ロボだけ 異色の番組放送へ

 ロボット研究の世界的権威、石黒浩・大阪大教授が毎日放送(MBS、大阪市)とタッグを組み、「お笑い」の掛け合いができるロボットを“育成”する試みを始める。2019年1月、ロボット3体だけが出演して対話する異色の実験テレビ番組「ロボロボ」をスタートさせ、視聴者の反応の検証も進める。石黒教授は「そんなに遠い未来ではなく“デビュー”できるのではないか」と期待を寄せている。【動画】ロボット3体だけが対話する異色のテレビ番組 番組に出演するのは、石黒研究室などが開発した対話ロボット「CommU(コミュー)」の「せんた」「らいた」「れふた」の3体。身長30センチ、体重938グラムとコンパクトな作りながら、しゃべる時に口元が動いたり視線を変えたり、人間に似た豊かな表現や社会的な振る舞いを実現できるのが強みだ。MBSによると、ロボットだけが出演するテレビ番組は世界でも例がないという。
 番組は、視聴者から悩み相談を受け、アドバイスを話し合う3体の対話で構成する。話す内容は放送作家らが作るが、対話パターンを蓄積し、将来はロボット自らがユーモアを交えた話ができるようになることを目指す。ロボットがどのような対話をした時に人間が面白さを感じるのかを検証するため、ツイッターやインスタグラムなどのSNSを通じて視聴者の反応を探る予定だ。
 制作発表記者会見に登場した3体は、「笑いのセンスをもっと磨いて」「歌ももっとうまくなって」「(お笑いコンテストの)歌ネタ王選手権で優勝するぞ」と掛け合いを披露し、会場の笑いを誘った。MBSの三村景一社長は「人の五感を刺激する笑いやユーモアをロボットと共有し、新しいものが生まれるようトライしたい」と話した。
 番組は19年1月7日から3月末まで、月~木曜深夜(火~金曜午前)0時53分。番組は動画投稿サイト「ユーチューブ」でも視聴できる。【倉田陶子】
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: