中3の担任語る 安室の思い出

 沖縄県中城村に住む元中学校教諭の仲座包子(かねこ)さん(78)が、教員生活の最後に担任を務めたクラスの卒業文集をめくると「安室奈美恵」と書かれたページだけ「思い出」の欄が真っ白だ。3年生になると芸能活動でほとんど学校に来られなかった少女は、進路を心配する仲座さんに言い切ったという。「高校には行きません。歌とダンスで生きていくから」。その迷いのない視線を仲座さんは忘れられない。(社会部・新垣綾子)【安室さんも笑顔】極秘プロジェクト「AMURO JET」の舞台裏 大きな目に細長い手足。安室奈美恵さん(40)の第一印象は「子鹿のバンビ」だった。この年の秋にグループでメジャーデビューすることになる安室さんは既に、金曜日に上京して土日にテレビやCMの収録をこなす日々。仲座さんには「火曜日から金曜日の朝までは学校に行く」と宣言したが、その約束も始業式から1カ月もすると果たせなくなっていた。「人気が出ることはうれしいけれど、東京で誰かにだまされていないか、厳しい芸能界について行けるのか、それだけはとにかく心配で」。近況を聞き取るため頻繁に家庭訪問すると、安室さんの母親は「あの子は三度の食事より、歌と踊りが好きなんです」と苦笑いを交え語った。
 「芸能界に入ったら、教養も身に付けないといけないんじゃない」。ひょっこり学校に現れた安室さんにそう問い掛けると「大学を出たって社会に貢献できるとは限らない。私は中卒でもやります」と返ってきたという。「この子はてーげー、がーじゅー(なかなか頑固)だねと思った。それじゃあ、と私は本はたくさん読んでねと言ったの。担任とはいえ彼女に伝えたのはそれぐらいかしら」
 引退発表後、テレビのインタビューに答える安室さんを幾度か目にし「一つ一つのコメントが輝いていたのは、本をたくさん読んだからかな。奈美恵さん、やりたいことを貫いたんだね、すごいねって心の中で繰り返した」と感慨深げ。「長い人生は続く。体に気を付けて新しい道でまた、大輪の花を咲かせてほしい」とエールを送った。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: