乱闘増えた? あいのりの変化

 リアリティ番組の面白さは、どこにあるのか。みずからを鼓舞して愛を求める健気な様子をあたたかく観察する番組だった『あいのり』が、Netflix版で再開されてから大きな変革を遂げている。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、真実の愛を探してガチンコファイトクラブ的なバイオレンスにたどり着いた、新しい『あいのり』の魅力について考えた。
 * * *
「真実の愛を探す地球無期限の旅」
 このフレーズにピンとくるのはアラサー、アラフォー世代といったところか。1999年から2009年まで放送された恋愛バラエティー番組『あいのり』で何度も繰り返されていた名文句である。
 ご存知でない方に説明しよう、『あいのり』とは男性4人・女性3人の計7人がピンクのワゴン車(通称:ラブワゴン)に乗り、世界各地を巡りながら“真実の愛”を探す番組。道中、恋に落ちたメンバーは日本行きの航空券を片手に意中の相手に告白。成功すればキスをしてカップル帰国、失敗すれば涙のソロ帰国。
 恋と旅、モラトリアムの全てが詰まった青春の行方。その様子をスタジオで見守っていたのが久本雅美、今田耕司、加藤晴彦だった。親目線で見守る2人に対して、些細なことでメンバーをディスる加藤。本気でキレる加藤を見て、当時中学生だった僕は「お前、よくそんなこと言えるなぁ……」と思ったもの。私的なことを書いて申し訳ないが、初めて嫌いなタレントが生まれた番組として自分史のなかでは刻まれている(番組終盤、加藤はウエンツ瑛士と交代)。
 性質上、放送中は常々やらせ疑惑を持たれていた番組でもあった。しかし、キスして帰国したカップル44組88人、結婚したカップル8組16名というデータを見れば“真実の愛”はそこにあったのだと云える。今のところ『バチェラー・ジャパン』よりは!
 上記したように『あいのり』は2009年で終了し、その後CSにて続編が作られたらしい。ただ、ここ数年間は忘れられたコンテンツとなっていた。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: