元欅坂46今泉が移籍 初舞台へ

 昨年11月に人気アイドルグループ・欅坂46を卒業した今泉佑唯(20)が、1月より所属事務所をエイベックスに移籍したことが2日、わかった。女優として本格始動し、3月より大阪・東京で上演される舞台『「熱海殺人事件」LAST GENERATION 46』にヒロイン役で出演する(大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで3月28~31日、東京・紀伊國屋ホールで4月5日~18日上演)。【写真】『熱海殺人事件』でヒロインを演じる今泉佑唯 今泉は、AKBグループの卒業生で女優に転身した川栄李奈(23)の成功をみて、また音楽活動も含め幅広い挑戦を望みエイベックス入りを決意。これまでも欅坂のメンバーとしてドラマなどへの出演歴はあったが、今後は女優業を中心に活動する予定で、今回『熱海殺人事件』の婦人警官・水野朋子役で舞台初挑戦を飾る。
 移籍に伴い今泉は「グループ卒業後、初めてのお仕事で舞台に立たせていただけることを大変光栄に思います。私自身、演技だけでなくまだまだ未熟なところもたくさんありますが、これまでに経験のない世界や、色々な景色をこれからファンの皆様と一緒に見ていきたいです。心機一転、女優として邁進していきますので応援していただけるとうれしいです」と決意を語った。
 『熱海殺人事件』は1973年に文学座に書き下ろされた、つかこうへいさんの代表作。紀伊國屋ホールを拠点に毎年春、つかさんの死後も再演が重ねられ、同所で今年“46年目”の上演を迎える。今泉のほかに、木村伝兵衛部長刑事役で味方良介が主演を務め、お笑いコンビNON STYLEの石田明も出演する。
 演出の岡村俊一氏は、今泉のヒロイン抜てきについて「今泉さんは、ひとつの大きな群れから飛び立った小鳥のような存在です。その震える心や旅立つ勇気が、この熱海殺人事件の物語にとっての大切なエネルギーなのです」と力説。「今泉さんの気の強そうな瞳や、華奢なスタイルは、『東京で強く生きていこうとする女』を確実に表現してくれると期待しています」と信頼し「今泉さんは歌が上手いので今回は歌うシーンも作りたいですね」と意欲をみせた。
 そのほか、今泉はきょう4日に自身の公式サイト(http://imaizumi-yui.com)をオープンし、ツイッター、インスタグラムも開設。11日より無料メールマガジン『今泉佑唯にFC準備室』スタートさせ、そこでチケットの先行販売も行う予定だ。
 今泉は15年8月から欅坂46第1期生メンバーとして活動。これまで、テレビ東京系『徳山大五郎を誰が殺したか?』(16年7月)、日本テレビ系『残酷な観客達』(17年5月)、テレビ東京系『恋のツキ』(18年7月)などドラマへの出演や、写真集『誰も知らない私』(18年10月)、『ar』レギュラーモデル(ともに、主婦と生活社)など、幅広く活動してきた。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: