刀剣男士語る 2.5次元の苦悩

2018年12月29日、平成最後となる紅白歌合戦のリハーサルが行われたが、その中にカラフルなウィッグと衣装で一際目を引く集団があった。企画コーナーに出演する「刀剣男士」だ。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】
「刀剣男士」はブラウザゲームを題材にしたミュージカル「刀剣乱舞」に出演する19人によるグループ。初出場者が集まった会見でも、彼らは役者ではなく「刀剣男士」でのキャラを堂々と演じ続けたが、心のうちは違ったようだ。
「本当は緊張していました(笑)。いつもテレビで見ているアーティストさんがいっぱいいたので、内心はうれしーってなってました」
屈託無い笑顔を見せながらそう語るのは黒羽麻璃央(25)。ミュージカル「刀剣乱舞」刀剣男士で三日月宗近を演じ、“2.5次元の王子様”とも呼ばれる俳優だ。
会見やその後の告知でキャラとして対応したことについて聞くと「歌番組でのやり取りもあくまでキャラクターになりきっています」と明かす。
「最初の頃は台本がなく、アドリブでこなす司会者さんとのやり取りに苦労しました。今は、深く役を掘り下げることで対応できていると思います。僕の演じる三日月宗近はゆったりした喋りなので、普段から喋りのテンポは気をつけています」
2.5次元ミュージカル。端的に言えば漫画やアニメを原作としたミュージカルのことを指す。
過去にも漫画原作の舞台はあったが、現在の人気を生んだのは2003年に開催された漫画「テニスの王子様」を題材としたミュージカル「ミュージカル・テニスの王子様」、通称テニミュだ。
黒羽は2010年に武田真治、溝端淳平、菅田将暉などを輩出した「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを獲得し芸能界入り。高校を卒業した2012年に上京し、俳優デビュー作となったのがミュージカル「テニスの王子様」2ndシーズンの菊丸英二役だった。
「初めての演技。何もできないので、プライドが傷つきましたね。一応ジュノン出身。謙遜しつつも肩書あるぞと思っていたので(笑)。それがいざ演じるとなると思うようにいっていないことに腹が立ったし、周りがみんな敵に見えて。出鼻をくじかれました」
テニミュはシーズンの間、キャストがほぼ変わらず、同じ配役で1~2年を過ごす。共演者と「一緒のスケジュールで動き、一緒に怒られ、一緒に千秋楽を迎えてきた」という黒羽は、その期間を学校生活に例えた。
徐々に楽しさを覚えてきたが、プライドを捨て、開き直って素直に学ぼうと思えたのは、スタートしてから1年ほど経ったころだった。
「周りに助けられることを嬉しいと思い始めてからですね。新人だもんね、と思われていることに悔しいと感じていたんですけど、開き直って素人なんだから、一からちゃんと学ぼうと思った。できない自分を認めてからが成長のポイントだったと思います」
2013年に開催された「全国大会 青学vs氷帝」公演で黒羽にとって思い出深いシーンがある。劇中の“ゴールデンペア”の相方である大石秀一郎(山本一慶)と一緒に夕暮れに「全国優勝を目指そうぜ」と語りかける青春の一場面だ。
「芝居の基本である会話のキャッチボールがうまくできた時で、ずっと見てくれた共演者に上手くなったと言われたのが嬉しかった。『テニミュ』はキャラと自分のセリフが重なることも多くて、役が成長するごとに役者も成長していく。その姿を感動してもらえているのがお客さんがついてきてくれる理由かなと思います」
テニミュを始めた頃はファンからの厳しい言葉もあったが、徐々に「うまくなったね」との声が増えていった。
「卒業の時にさいたまスーパーアリーナでライブをやったんですが、ファンのみなさんが泣いてくださっている姿を見たとき、テニミュをやっていてよかったなと思いました」
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: