前澤氏企画 Twitter社の見解

衣料品ネット通販「ZOZO」の前澤友作社長が「100名様に100万円【総額1億円のお年玉】を現金でプレゼントします」と宣言したTwitter投稿のリツイート数が420万を突破。リツイート数の世界記録を更新して話題を集める一方、Twitterの規約に抵触するのではないかとの指摘も出ている。BuzzFeedはTwitter Japanに取材し、見解を聞いた。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】【画像】ZOZOスーツ姿を投稿したら、めっちゃバズったお父さんの話
前澤社長は1月5日、下記のようにツイートした。
《ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破!!日頃の感謝を込め、僕個人から100名様に100万円【総額1億円のお年玉】を現金でプレゼントします。応募方法は、僕をフォローいただいた上、このツイートをRTするだけ。受付は1/7まで。当選者には僕から直接DMします!》
タダで100万円を手に入れられるチャンスとあって、投稿は瞬く間に拡散。7日15時現在で420万回以上リツイートされ、100万を超える「いいね」がついた。
ところがこれに物言いがついた。「Twitter規約に違反している」「規約的にグレー」などの指摘が相次いだのだ。
スポーツ報知は7日朝、「ZOZO前澤社長、現金1億円お年玉で“日本新”300万リツイート突破…運用ルールに引っ掛かる!?」と題した記事を配信。
《ルールでは「アカウントへの反応(フォロワー、リツイート、いいねなど)を購入、販売または作為的に誇張しようとした場合」をスパム行為とみなし、禁止している》とTwitterのルールに抵触する可能性を指摘した。
確かに、Twitterルールにはそのように定められている。それでは本当に、前澤社長の投稿はこのルールを逸脱しているのだろうか。
フォローとリツイートを条件に、100万円が当たる。ただし、100人に限る――。全員にお金を渡せばフォロワーを金で買っていることになるが、100人限定となると「フォロワーの購入」と言えるかは微妙だ。
それに、同様の懸賞キャンペーンは様々な企業が実施している。いまひとつ判然としないので、Twitter Japanに取材したところ、こんな回答があった。
「いただきましたご質問に対する回答ですが、前澤さまの個人によるツイートは
Twitterの利用規約に違反はしておりません」
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: