動画配信の主役へ Disney本気

 動画のインターネット配信が拡大する中、アメリカのウォルト・ディズニーが改めてその本気を見せた。【写真】新しい動画配信事業について語るディズニーのケビン・メイヤー氏 8月23日、アメリカ・カリフォルニア州のアナハイムで開かれた「D23エキスポ」。ディズニー社が2年に1度主催する、世界最大のディズニーのファンイベントだ。動画配信を統括するケビン・メイヤー氏は、11月から始める動画配信「ディズニー+(プラス)」にさらに独自コンテンツを加えると発表した。
 メイヤー氏は「ディズニープラスはすべての年代層にとって楽しく、魅力的なサービスになるだろう」と胸を張った。
■最大の武器はコンテンツの豊富さ
 ディズニープラスは、11月12日に開始される動画配信サービス。最大の武器は、何といってもコンテンツの豊富さだ。
 ディズニーは2006年のアニメーション製作会社・ピクサーを皮切りに、2009年にアメコミのマーベル、2012年に『スター・ウォーズ』シリーズで著名なルーカスフィルムを買収してきた。ディズニープラスではディズニーはもとより、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルという4つのブランドのコンテンツが過去作品も含めて見放題となる。
 さらにディズニーは2019年3月、約713億ドルで21世紀フォックスを買収。今後は『アバター』や『X-MEN』といった強力なラインナップが加わることになる。ディズニープラスではまず、フォックス傘下で自然・科学などのドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナルジオグラフィック」を配信する。
 そこに加えられるのが、ディズニープラス独自のコンテンツだ。今回の発表では、ディズニーの実写版映画の製作会社やマーベル、ルーカスフィルム、ディズニーチャンネルの各トップが入れ替わりに登壇。予定の時間を30分近く超え、約2時間にわたって独自コンテンツを次々と披露した。
 新たに発表されたのは、『スター・ウォーズ』に登場するオビ・ワン・ケノービにスポットを当てたシリーズや、人形劇『マペット』の短編集など。会場にはオビ・ワン・ケノービ役のユアン・マクレガー氏や、『アベンジャーズ』シリーズに出演するポール・ベタニー氏、エリザベス・オルセン氏ら著名人も次々と登場し、約6800人の観客を魅了した。
■ネットフリックスの半額、月6.99ドルで攻勢
 前のめりの姿勢は価格にも現れている。ディズニープラスはアメリカで月6.99ドル。ネットフリックスの通常プラン12.99ドルのおよそ半額の設定になる。さらにグループで展開するスポーツチャネル「ESPN+」と動画配信「Hulu」のセットで月12.99ドル(アメリカのみ)。完全にネットフリックスを意識した価格設定といっていいだろう。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *