吉岡里帆ドラマ「失敗」要因

 今クール民放ドラマ12本(GP帯〈19時~23時〉での放送・テレビ東京を除く)の中で、視聴率最低は関西テレビ制作の「健康で文化的な最低限度の生活」(以下、「ケンカツ」)だ。
 これまでの平均が唯一5%台。しかも5~6話で4%台という壊滅的な数字も出している。放送事故に近い低迷ぶりと言えそうだが、制作・演出はどこで失敗していたのか――。
 長年番組制作や経営戦略などに携わったメディア遊民氏に、各種データから敗因を洗い出してもらった。
 ***
 各ドラマは終盤に入っているが、ここまでの視聴率ワースト3は「ケンカツ」「ゼロ 一獲千金ゲーム」「チア☆ダン」。いずれも初回が1桁で、スタートの躓きが痛い。
 しかも「ケンカツ」の場合、第2話で3割近くも数字を失っており、ワースト3の中では際立って序盤の失敗が目立つ。さらに中盤から後半にかけ、「ゼロ 一獲千金ゲーム」も「チア☆ダン」も一定程度もり返している。ところが「ケンカツ」は、右肩下がり傾向のまま、反転攻勢の兆しが見えない。
 タイトルは魅力的だったのか。ドラマの設定やキャスティングは、視聴者を惹き付けていたのか。物語序盤のつかみは成功したのか。ストーリー展開は、視聴者の心を満足させたのか。残念ながらこれら全てで、課題を抱えていた可能性がある。
 まずドラマがどれだけ話題になっていたのかを検証してみよう。
 女性が主役の4ドラマを比べると、序盤で圧倒したのは松本穂香(21)主演の「この世界の片隅に」だった。Yahoo!  JAPANトレンド検索のツイート数では、同ドラマ初回が放送された前後24時間で3万近いツイート数となり、他ドラマを大きく引き離した。
 この数字は、石原さとみ(31)「高嶺の花」の2.5倍ほど。「ケンカツ」に至っては5倍ほどと、大差が生じていた。
 ドラマ中後半のツイート数では、綾瀬はるか(33)「義母と娘のブルース」が気を吐いた。初回が1万弱。2話で6掛けほどに減ってしまったが、3話以降で盛り返した。そして5話で1万を突破、6話で1万8千近くと、全ドラマ後半の中で最高となった。同ドラマの視聴率は、3話以降が右肩上がり。7話で今クール全ドラマの中でトップに躍り出た。話題力と視聴率が一致した例となった。
 だが、このツイート数でも、「ケンカツ」は低迷した。
 初回から7話まで、ずっと4ドラマの最低を記録し続け、後半に盛り返すこともなかった。実はGoogle Trendsによる検索数でも、傾向はほぼ同じ。しかも「ケンカツ」だけは毎話最低で、中後半に盛り返すことも全くなかった。話題性で見た場合、初回から低調で、途中に盛り上がることもなかったと言わざるを得ない。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: