地震巡り「地鳴りデマ」拡散

北海道地震を受け、「苫小牧で地鳴りがしている」「大地震がくる」というデマが広がり、避難者が相次いだ。同市は「全く根拠がない」と注意を呼びかけている。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】【画像】苫小牧市の注意喚起苫小牧市によると、広がっているのは「地鳴り・地響きがなっているので数時間後に大きい地震がくる」「地震計が異常数値を示しているので大きな地震がくる」という情報だ。
この情報は9月8日朝からSNS上で広がりを見せていたが、電話やLINE、直接のコミュニケーションを通じても伝わっていたとみられる。
「市の幹部」「自衛隊」「海上保安庁」「消防」など、いずれも震災において救助救援活動に当たっている組織が枕詞についていることが多かったという。
具体的な時間とともに、沿岸部ゆえか、「津波がくる」という情報も合わせて広がっていたようだ。
市危機管理室の担当者は、BuzzFeed Newsの取材に「発災当初にあった断水デマが落ち着いたなか、8日になって一気にこのデマが拡散しました」と話す。
市役所への電話は3時間で40件を超え、最終的に100件近くに。さらに、すでに人が減っていた避難所に、再び多くの人が集まったという。
「苫小牧市では停電もほぼ復旧し、避難者も5~60人までに減っていたのですが、夜になって250人以上に膨れ上がった。これ以上は看過できないと判断し、カウンター情報を発信しました」
「特に若い世代の多い新興住宅街の避難所で人が増えていました。余震に警戒することは必要ですが、不安を煽る情報の広がりは防がないといけない」
市では、ホームページ上で9日午後9時から「全て根拠のないものですので、冷静な行動をお願いいたします」と呼びかけをはじめた。Facebook、防災メールでも同様の発信をしたという。
「地鳴り」に関しては、「苫小牧はデマだったが、厚真町では聞こえる」などという情報も広がっているようだ。
そもそもピンポイントで地震の発生時刻を予知できる技術は、いまの日本には存在しない。「○○時に地震が起きる」という話は、いずれもデマだ。
ただ、気象庁は「1週間程度は最大震度6強の地震に注意」「地震発生後2~3日ほどは、規模の大きな地震が発生することが多くある」として、厳重な注意を呼びかけている。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: