太鳳&芳根 撮影中に100回キス

 女優の土屋太鳳(23)と芳根京子(21)が7日、都内でダブル主演映画「累―かさね―」の初日舞台あいさつに登場。映画を鑑賞したファンの前で撮影中の裏話を語った。
 松浦だるま氏による同名人気漫画を実写映画化。キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える主人公“醜い”累と美しきニナ。土屋と芳根の2人の朝ドラ女優が1人2役、2人1役を演じたことで話題を呼んだ。
 土屋は「キョンちゃん(芳根)が相談とか受け入れてくれなかったら乗り切れなかったので、本当に感謝しています」とし、「キョンちゃんとかなりのキスをさせていただいてうれしかったです」と照れ笑い。芳根も「100回ぐらいですかね。本当に何回も何回もキスをさせていただきました。太鳳ちゃんとのキスはあいさつですね」と笑った。
 2人1役を演じるにあたり、2人はノートに互いに感じたことを書くようにしたといい、土屋が「ノートに思ったことを書こうって言ったら、キョンちゃんが『是非作りましょう!』って言ってくれて。2人の気持ちを確認できて近づけた気がする」と説明。共演の浅野忠信(44)が「ノート一冊丸々使って?」と問うと、土屋と芳根は苦笑いを浮かべながら「2ページ…」と告白し、観客を笑わせた。
 先月22日の完成披露試写会では芳根が感極まって涙。この日は「今日は泣きません」と気丈に振る舞ったが、最後のあいさつで土屋が言葉に詰まって瞳を潤ませると、2人は抱擁して互いに涙をこらえていた。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: