妖精役で起用 遠藤憲一の魅力

 俳優の遠藤憲一さんが、40年近い芸歴の中で初となる“妖精”のおじさん役に挑戦する連続ドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」(テレビ朝日系)が11日、スタートする。こわもてなルックスながら、チャーミングな役まで幅広く演じ分ける遠藤さんが、おちゃめ?な妖精をどのように表現するのか期待が膨らむ。主演女優の岡田結実さんも「現場の皆さんが、私含め『可愛い~! 癒やされる~!』と言っています」と語る。昨年大ヒットした連続ドラマ「おっさんずラブ」(同局系)も手がけたプロデューサーの貴島彩理さん(28)に、遠藤さんの起用理由と俳優としての魅力、撮影現場で見せる素顔について聞いた。【写真特集】可愛い? 癒やされる? 遠藤憲一の素顔とは…
 ドラマは、失恋と失業でヤケクソになった一ノ瀬ひかり(岡田さん)が、超過酷なロケで有名なバラエティー番組の制作会社に就職。アシスタントディレクター(AD)生活を送っていると、「妖精」を名乗る毒舌なおじさん(遠藤さん)が現れる。おじさんの姿はひかりにしか見えず、ひかりが口に出せない心の声や本音、愚痴をズバズバと口に出す。ひかりとおじさんの、珍妙なお仕事ライフが展開される……というオリジナル作品。城田優さん、田辺誠一さん、青木さやかさん、小手伸也さん、戸塚純貴さんらも出演する。
 ◇こんな妖精がいたら… なぜ遠藤憲一?
 貴島さんは、1990年3月20日生まれ。東京都出身。慶應義塾大学卒業後、2012年、同局に入社。バラエティー部でAD、ディレクターを経験した後、16年にドラマ部へ異動。三浦春馬さん主演の「オトナ高校」で連ドラを初プロデュースし、2作目は「おっさんずラブ」。今作は、連ドラプロデュース3作品目となる。
 「生きていると、怒られたりとか、嫌なことがあったときに、言いたいけど言わずに“心の2ちゃんねる”だけ大荒れみたいなことって、きっとどんな人でもある」と話した貴島さん。もともと“お仕事ドラマ”をやりたかったといい、自身のAD経験をいかして、今作を企画した。「いつもは言えない言葉を、隣でぜ~んぶベラベラしゃべってくれる妖精がいたら、毎日楽しく仕事ができるのかなと思いまして、疲れた日本に人々がちょっとすっきりしてもらえるような、少し毒のあるお仕事ドラマが作れたらなと思って」と企画理由を説明する。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: