定額配信で任侠バブル 魅力は

Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。
 今回紹介するのは任侠ドラマ『日本統一』です。この記事の写真を見る
 もともと、パッケージ用のいわゆるVシネマとして制作された作品ですが、今年に入ってNetflix、Hulu、Amazonプライム・ビデオ、U-NEXT、FOD、dTVといった定額制の大手配信プラットフォームを一挙に網羅、人気コンテンツとして注目されています。
■Vシネファンも納得の役者陣が勢ぞろい
 既存のVシネファンも納得の役者陣がそろい、筆者のような入門者にも「試しに見始めたらやめられない」、わかりやすいストーリーが売りです。とはいえ、好みが分かれるジャンルのヤクザもの。そもそもなぜ今、この作品に光が当てられているのでしょうか。その理由を探ります。
 『日本統一』のタイトルにたとえピンとこない場合でも、Vシネファンでなくとも、演じる役者から入り込める余地があることがポイントです。
 任侠映画を牽引してきた哀川翔さんや千葉真一さんが重要な役どころを押さえ、Vシネの帝王と言われる小沢仁志さんも登場シーンから存在感を放ち、梅宮辰夫さんや津川雅彦さんといった大御所も登場します。
 Vシネは「キャスティングが肝」と言われているそうですが、ここまでそろえることができた理由について製作するオールイン エンタテインメント企画部の角田陸氏が解説してくれました。
 「小沢仁志さん、白竜さん、哀川翔さん、竹内力さんは『Vシネ四天王』と言われています。任侠映画やVシネマから活躍の幅を広げてきた役者さんは予算も少なく、撮影時間も限られたなかで、一発勝負で魅せる演技を培われてきており、独特の危ないオーラの醸し出し方は逸品。その方々がいかにご出演されているかで作品の売れ行きが左右されます。だから、キャスティングにはつねにこだわっています。そして、『日本統一』の場合はキャスティングに対する力の入れ方が半端ない理由がもう1つあります」(角田氏)
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: