寝落ち電話で自慢 今の若者心

 2015年、筆者らは「間接自慢」という言葉を創りました。これは、今の若者たちが、「直接的・ストレートにではなく、間接的・婉曲的に言いにくいことを表現するようになっている」という内容、意味です。この記事の写真を見る『間接自慢する若者たち』という書籍でも紹介していますが、SNSでつながり過ぎた若者たちは、直接的な表現、特に自慢をすると、SNS以前より多くの人たちから「うざい」と思われるようになってしまっています。場合によっては炎上してしまうこともあります。
 そんな間接自慢という言葉ができてから早3年。最近では間接自慢の新しい手法が出てきているので、現役の大学生たちがそれらを紹介してくれます。
■夜から朝までLINE通話したままの「寝落ち電話」
 最近、LINEの無料通話を利用した「寝落ち電話」が若者の間で流行っている。寝落ち電話とは彼氏や彼女(もしくは仲のいい友達)と夜に寝る前から通話を始めて、次の日の朝まで通話しっぱなしという状態を示す。無料通話アプリが当たり前になり、通話しっぱなしでもお金はかからないのだ。
 通話しっぱなしといっても、ずっと話し続けているわけではなく、「まったく会話をしない時間がほとんど」というカップルも少なくない。寝落ち電話という名前にある通り、どちらかが先に「寝落ち(電話をしたまま眠りに入ってしまうこと)」もしばしば。相手のいびきさえ聞こえてくることもよくあるそうだ。
 都内の女子大に通うKさんは、彼氏と毎晩寝落ち電話をしている。彼女いわく「寝落ち電話をしていたらずっと彼氏が隣にいる気がして落ち着く。彼氏が朝起きたときの声で自分が目を覚ますのが同棲している感じがしていい」とのことだ。
 まるで同棲という言葉からもわかるように、寝落ち電話は、相手のいびきが聞こえても、長時間通話して無言になっても、まったく気兼ねしない間柄でないと実行しにくいという面がある。つまり、自然体で付き合っているカップルでなければ難しく、いろいろなカップルがいる中でもハードルはやや高いものなのだ。
 この寝落ち電話、TwitterをはじめとするSNSを通して、通話時間の画像とともに投稿されることが多い。自分の周りの友達に、自分たちカップルが寝落ち電話をしていることを見せることで、「こんなにもお互いに自然な姿でいられる、深い関係なんだ」ということを、間接的に自慢したいという面もあるのではないだろうか。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: