広がるICT 幼児教育の現場

 2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されるのを前に、電子黒板やパソコンといった情報通信技術(ICT)を使った取り組みが幼児教育の現場にも広がりつつある。早い時期からICT機器に慣れさせることが狙いだが、時代の先取りだけにとどまらない理由もあるという。タブレット端末を使った教育を取り入れている福岡市の保育園を訪ねた。⇒【画像】ICTを使い、先生が塗り絵を完成させる様子 「あった。オレンジ色、あったよ」「これは茶色かな」。タブレット端末iPad(アイパッド)を手にした園児らの明るい声が教室に響く。カメラ機能を使って室内の机や椅子、かばんなどを撮影、あらかじめ指定された「色」を探しながら歩き回っていた。
 8月上旬、福岡市早良区の原西保育園。5歳児年長クラス(30人)の子どもたちはこの日、2人一組になってiPadで複数の色を集め全員の色を組み合わせて一つの塗り絵を完成させた。どの子もiPadを巧みに操作していた。
 画像はネットワークで共有、完成した塗り絵が教室前方のテレビ画面に映し出された。「お道具箱やキーホルダーもある。すごいね」。色ごとのパーツを拡大し、元になった画像を紹介しながら担任の田中志織先生が一つ一つほめる。「もう1回やりたーい」。子どもたちは歓声を上げた。
 原西保育園がタブレット端末のアプリ活用を始めたのは2016年。当初は年長児だけだったが、今年から年少児(3歳児)以上の全クラスで月1回、1時間程度行う。30台のタブレット端末を準備して教室には無線LAN環境を整備、保護者の負担は1人当たり数百円程度という。
 「子どもたちは家で親のスマートフォンやタブレット端末を触って動画を見たり、撮影したりしている。幼稚園や保育園でははさみの使い方は教えるのに、ICT機器の使い方は教えない。それは違うと思った」。北口雄也理事長は導入のきっかけをそう語る。
 実際に使わせてみると、苦手な子はほとんどおらず、外で寝そべったり、2台を並べたりして撮影するなど、子どもならではの感性で自由に使いこなす姿に感心するという。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: