日亜化学の中傷 動画削除命令

 動画配信サイト「ユーチューブ」に投稿された動画で誹謗中傷され社会的信用を損なう恐れがあるとして、日亜化学工業(阿南市)が米ユーチューブ社を相手取り、動画の削除を求めた訴訟で、徳島地裁がユーチューブに削除などを求める仮処分命令を出した。徳島新聞記者に9カ月間にわたり暴言 日亜化学によると、発令は8日付で、動画削除のほか、発信者情報の開示も求めている。ユーチューブは応じる方針という。
 訴状によると、昨年4月に元従業員を名乗る者が、日亜化学の製造現場が不衛生であるほか、実在する従業員によるパワーハラスメント行為があったと指摘する動画を投稿。日亜化学は「事実に基づかない内容」として6月に削除を依頼したものの、ユーチューブが応じなかったため、10月に提訴し、仮処分を申し立てた。
 日亜化学総務部は「裁判所の適切な対応に満足している」とコメントした。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *