月9科捜研の男 まるでテレ朝?

 6日に「3年A組―今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ=日曜夜10時30分)がスタートし、連ドラ“冬の陣”が始まった。続くのは7日スタート、フジテレビ“月9”の錦戸亮主演「トレース~科捜研の男~」だ。
「昨年に発表されたタイトルを見て、思わず『テレビ朝日か!』と……。実際、主演の錦戸が『大丈夫なんですか?』って言っていたくらいですから。フジテレビは明らかにテレ朝で長く続く『科捜研の女』を意識していますよね」と、テレビ誌記者は苦笑い。
 さらに、テレ朝ドラマのイメージが強い船越英一郎がベテラン刑事役でレギュラー出演とあって、ネット上では「パクリ?」「炎上商法?」ともささやかれている。
「テレ朝のパクリでもパロディーでもなく、元科捜研研究員によるコミック原作のドラマ化なんですけど、原作のタイトルを使わずに『科捜研の男』としたからにはいろいろ言われても仕方ありませんね」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏はこう続ける。
「『科捜研の男』ほど露骨じゃないですけど、新ドラマのラインアップを見ていると、フジテレビに限らず、どこもテレ朝的な要素を取り入れようとしているのが見えますね。テレ朝ドラマの得意な1話完結の事件ものが目立つ。特に弁護士もの。『スキャンダル弁護士 QUEEN』(フジテレビ=木曜夜10時)、『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ=土曜夜10時)、『グッドワイフ』(TBS=日曜夜9時)と、示し合わせたかのように、各局3枠あるGP帯のドラマのうちの1本が弁護士ものというのは珍しいですね」
 確かに、2018年の連ドラ全話平均視聴率の1位はTBSの「99・9%-刑事専門弁護士-」、2位がテレビ朝日の「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」と“弁護士もの”だったし、テレ朝の“刑事もの”は安定した数字を取っている。とはいえ、流れにそのまま乗っかるのは、あまりに短絡的すぎないか?「内容や見せ方はそれぞれ個性を出していくんでしょうけど、少しでも“リアル視聴率”を上乗せするためには、実績があるテレ朝的な要素を入れたがるのも仕方ないのかもしれません。各局の連ドラ枠が、そこまで追い込まれているのでしょう」(亀井徳明氏)
 果たして月9の「科捜研の男」は、吉と出るか凶と出るか?
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: