桑田佳祐 最年長シングル1位

 サザンオールスターズの桑田佳祐による新ユニット・桑田佳祐&The Pin Boysのシングル「レッツゴーボウリング」が、初週3.9万枚を売り上げ、1/14付オリコン週間シングルランキング(集計期間:2018年12月31日~2019年1月6日)で初登場1位を獲得した。1956年2月26日生まれの桑田にとっては62歳11ヶ月での1位となり、秋元順子の「愛のままで…」が2009年1/26付の同ランキングで記録した61歳7ヶ月での1位記録を1歳4ヶ月上回る「歴代最年長1位」となった。また今作で桑田は史上初の「30代、40代、50代、60代」の「年齢4年代連続」でのシングル1位も達成した(「歴代最年長1位」及び「年齢4年代連続」記録はソロアーティストが対象)。【写真】平成最後の『紅白』を盛り上げた桑田佳祐 本作は、ボウリング好きの桑田が旗振り役となって開催しているボウリング大会『KUWATA CUP 2019』の公式ソングとして書き下ろされ、日本ボウリング機構から『日本ボウリング競技』公式ソングにも認定された楽曲で、軽快なリズムに乗せて歌われる“ボウリング愛”に溢れた歌詞が魅力の作品となっている。
 『KUWATA CUP 2019』は、昨年11月から今年1月6日まで全国47都道府県・501のボウリング場で予選が行われ、2月10日に東京・渋谷ヒカリエヒカリエホール・ホールA特設レーンで決勝大会が行われる。
 なお、ユニット名の「The Pin Boys」は、特定のメンバーを指すのではなく、ボウリングというスポーツ自体を愛し、支える人たちの総称だという。
【各年代1位獲得作品】
◆30代:「真夜中のダンディー」(1993年10月6日発売)
◆40代:「波乗りジョニー」(2001年7月4日発売)/「白い恋人達」(2001年10月24日発売)/「東 京」(2002年6月26日発売)
◆50代:「明日晴れるかな」(2007年5月16日発売)/「風の詩を聴かせて」(2007年8月22日発売)、「ダーリン』(2007年12月5日発売)/「君にサヨナラを」(2009年12月9日発売)
◆60代:「レッツゴーボウリング」(2019年1月1日発売)
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: