楽天の競技場 原則現金不可に

 楽天は1月10日、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」のホームスタジアム「楽天生命パーク宮城」で飲食物やグッズを購入する際、現金決済ではなくスマートフォンアプリや電子マネー、クレジットカードなどを使ったキャッシュレス決済を原則にすると発表した。2019年開幕戦から順次適用する。【写真】電子マネーで支払う 楽天生命パーク宮城では4月2日以降、スタジアム内の全店舗で「楽天ペイ」「楽天Edy」「楽天カード」に加え、Mastercard、American Express、Visa、JCBブランドのクレジットカード、「楽天銀行デビットカード」(JCB/Visa)を含むデビットカードに対応する。一部店舗では「楽天ポイントカード」によるポイントを使った支払いもできる。
 楽天子会社・楽天野球団の広報部は「開幕時点では(キャッシュレス決済が)浸透していない可能性もあるため、一部店舗では現金も使えるようにするが、様子を見ながら完全移行していく」という。楽天グループ以外が提供するスマホアプリ決済、電子マネー、共通ポイントサービスへの対応は未定としている。
 また、J1プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」のホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸」でも19年の開幕戦から、同様にキャッシュレス決済を原則にする。
 楽天は、小銭を探す手間やお釣りの受け渡しミスがなくなり、よりスムーズに会計を済ませられる――などのメリットがあるとし、自社が運営するスタジアムへの導入を通じ、キャッシュレス決済の普及を促す考えだ。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: