武田真治 本業見失いつつある

 ミュージカル俳優の井上芳雄、乃木坂46の生田絵梨花、俳優の武田真治が4日、東京芸術劇場プレイハウスで行われたミュージカル『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』公開ゲネプロ前の囲み取材に出席した。【動画】公開ゲネプロで美声を披露した生田絵梨花 莫大な遺産を継ぐも酒におぼれ、むなしく生きるピエールを演じる井上は「カッコいい部分を出ないよう抑えています。どうしても冴えてしまうので…」とジョークを交えつつ「実はしっくりきてます。仕事上は冴えるよう頑張ってるけど、仕事上でも冴えなくてもいいので。自分の役を全うしたいです」と笑顔で話した。
 伯爵令嬢・ナターシャを演じる生田との共演については「才能豊かな人で、ただただまぶしい。今しかない輝きは唯一無二です」と絶賛。これに照れ笑いを浮かべた生田は「安心感がとても大きくて、カンパニー全体を広い目で見守ってくれている。何でも頼らせてくれるような空気感があるので、井上さんを信頼して付いていきたい」と語った。
 昨年は、ネットを中心に話題となった『みんなで筋肉体操』(NHK)への出演を機に各所へ引っ張りだこだった武田は「本業を見失いつつある。この作品で俳優として爪痕を残して、シフトを正しく戻したい」と切実な様子で吐露。天童よしみのステージで“紅白出場”も果たしたが「目障りでしたよね…。人とそんなに話してないけど、志茂田景樹さんのように映ったのでは」と苦笑いで振り返っていた。
 同ミュージカルは、あす5日から27日まで同所で上演。取材にはそのほか、霧矢大夢、小西遼生が対応した。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: