海老蔵 親子3人で舞台共演

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)、長女の堀越麗禾ちゃん(7)、長男の堀越勸玄くん(5)が3日、東京・新橋演舞場で開幕した「初春歌舞伎公演」(27日千秋楽)に出演し、初めて親子3ショットでの舞台共演を果たした。3人がそろって出演したのは夜の部の演目で、海老蔵の祖父・十一世市川團十郎の生誕110年を記念した舞踊「牡丹花十一代」。海老蔵は鳶頭役、2人はその子供で、麗禾ちゃんが手古舞、勸玄くんが鳶頭姿で登場した。【写真】海老蔵、娘・麗禾ちゃんとお目見え 麻央さんそっくりの愛らしさ 子供たちより先に舞台に姿を見せた海老蔵は、「待ってました」という呼びかけに「待っていたとはありがてぇ。でも、みなさんが本当に待っているのは俺のことかい?」と応じて笑わせた。その後、花道に2人が姿を現すと、客席からは「かわいい」「成田屋(市川家の屋号)」と大歓声がわき起こった。
 舞台中央で堂々たる舞を見せた2人は、「ご見物のみなさま、新年明けましておめでとうございます」とあいさつ。この時ばかりは海老蔵から、完全に主役の座を奪っていた。
 さらに海老蔵も加わって、最後は3人そろって1段高い橋の上で見得を切った。正月らしい華やかさと、ほのぼのとした家族の姿に場内もほっこりとしていた。
 また、この公演では昼の部の「極付 幡随長兵衛」に勸玄くんが出演。長兵衛(海老蔵)の息子・長松を演じている。死を覚悟して家を出る長兵衛にすがりつき「おとっつあん、早く帰っておくれよ」と語りかける場面は、本物の親子ということもあり情感たっぷり。観客の涙を誘っていた。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: