濃い目芸人&女優共演 CM増加

 さまざま移り変わるCMの流行。そんな中で最近目立つのが、女優と芸人が共演するCMだ。そこにはどんな狙いが隠されているのだろうか。
◇濃いキャラ続々…美女と野獣
 深田恭子、多部未華子、永野芽郁が3姉妹を演じるUQコミュニケーションズのCM。その新作にはコロコロチキチキペッパーズの2人が登場。スマホにまつわる悩みを抱えて「やっべーぞ」とナダルが震える後ろで、相方の西野は恐竜にくわえられるというシュールな作品だ。
 ソフトキャンディ『ぷっちょ』の新商品『ぷっちょボール』のCMに、橋本環奈とともに起用されているのは野性爆弾くっきー。橋本の頭の中の妄想ということで、巨大なぷっちょボールを模した風船から飛び出す。
 
 くっきーはまた、人気の動画アプリ『Tik Tok』のCMに、モデルで女優の黒木麗奈とも共演。『ぷっちょ』では橋本と直接の共演がなく、残念がったというくっきーだったが、今作では黒木と恋人気分でデートしている。
 広末涼子が出演するサントリー『ノンアルチューハイ のんある気分』。彼女が訪れた旅館で、マッサージ師となって現れるのがロバート秋山竜次だ。
ほかにも、大手うどんチェーン店『丸亀製麺』のCMで、うどん店の女将として出ている松岡茉優とやり取りするのは、飛脚役のジャングルポケット斉藤慎二。
 これら芸人の顔ぶれを見てわかるのは、いずれの顔ぶれもかなり濃い目であることだ。
 身長178cm、坊主頭でハイトーンボイスのコロチキ・ナダル。白塗りモノマネで知られるくっきー。ウエディングプロデューサーから明治の偉人まで、あらゆる人物に憑依するロバート秋山。ジャンポケ斉藤は顔からして濃い。女優だけであればCMへの記憶が薄まってしまう中、こうしたアクの強さで視聴者に強烈な印象を残すことができる。また「美女と野獣」ではないが、その対比は見る側に程よい「違和感」を与えてくれる。
◇“濃い”芸人の共通点とは?
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: