田中圭 幻のYouTuber構想

 俳優の田中圭(34)が9日、都内で行われたボートレース新CM『姫たちだってLet’s BOAT RACE』発表会に出席。脱サラしてボートレースの世界に挑戦する新CMの内容にちなみ、俳優業以外の分野への転身を考えた瞬間について「6~7年前にYouTuberになりたいと思ったことはありました」と明かした。
 YouTuberを選んだ理由について、田中は「大変だと思うのですが、すごく自由にやられているのが魅力的でした。僕らは与えられたせりふで演技をしたり、オフィシャルな場に出ても言いたいことが言えなかったりするので」と説明。「事務所の人に『YouTuberになりたい』と相談したら、普通に怒られました(笑)。当時と比べて、今はすごく人気のある方も出てきていて、注目されているので、あそこでそういう発言をした僕の目に狂いはなかった」と胸を張った。
 『2018 ユーキャン新語・流行語大賞』トップ10にも選出され、大注目となった主演ドラマ『おっさんずラブ』をきっかけに、昨年は大ブレイクの1年となったが「作品と一緒に僕にも注目していただいて、再ブレイクや遅咲きとか言われましたけど、今年は去年があったからこその1年にしたい」と意気込み。今年の自身の目標には「新」という漢字を選び「今回の新CMというのもありますし、このお仕事を始めてから今年20年目なので、ちゃんと新しいことをやっていきたいです。今年はちょっと頑張らないとな」と言葉に力を込めていた。
 新CMでは、田中が脱サラして憧れのボートレースの世界に飛び込む新人ボートレーサー「田中くん」を演じ、渡辺直美とCYBERJAPAN DANCERSによる「人魚姫姉妹」、ロバートの3人からなる「カメラマン&記者」に見守られながら成長していく、ハートフルならぬ“ボートフル”なファンタジーが描かれる。
 発表会にはそのほか、ロバート、CYBERJAPAN DANCERSも出席。新CMは、きょう9日より放映される。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: