神木隆之介 有村とのハグ苦戦

 神木隆之介と有村架純が、8日に都内で行われた映画『フォルトゥナの瞳』の完成記念イベントに出席。神木は、有村とのバックハグシーンに苦戦したことを明かした。神木隆之介が有村架純をエスコート!【ほか写真】 「永遠の0」「海賊とよばれた男」などで知られる百田尚樹の小説を映画化した本作。「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な能力を持つ青年・慎一郎(神木)とその最愛の女性・葵(有村)が、死の運命に立ち向かう姿が描かれる。この日のイベントには、神木、有村のほかに共演のDAIGO、斉藤由貴、時任三郎、メガホンを取った三木孝浩監督が出席した。
 神木は、本格的なラブストーリーには初挑戦。有村とは4度目の共演で初の恋人役となる。「『ついに来たな』って感じ」と笑顔を見せた神木は、「相手役が有村さん、信頼のできる方なので安心して演じられた。ありがたかったです」と気合が入ったという撮影を楽しそうに振り返った。
 また、印象に残ったシーンを聞かれた神木は「バックハグのシーンがあって、僕と有村さんは身長が同じくらいなので苦労しました。首を絞めてるみたいで……」と苦笑いを浮かべ、会場は笑いの渦に包まれた。
 ヒロインを演じた有村は、「違った役で共演できるのがいいですね」と神木との4回の共演を振り返る。「今まで見たことがなかった彼(神木)がそこにいました。作業着姿が男らしくてカッコよかったです」と称賛すると、神木は役づくりのためにジム通いをして、作業着が似合うように鍛えたことを告白。有村から「鍛えた背中がカッコよかった」とお褒めの言葉をもらい、観客から喝采を浴びた。
 そんな二人に、三木監督は「仲が良すぎちゃって最初は兄妹に見えた(笑)。相性が良くて、演出側としては楽だった」と二人の“恋人ぶり”を称賛。「お互いが思いやる気持ちを大事に描きました。愛する人のために何ができるのか……。そんなことを考えて観てほしい」とアピールした。
 そして、今年の抱負を聞かれた二人は「表現力の幅を広げたい。歌とかダンスもいいな」(神木)、「(演技の)引き出しを増やしていきたい」(有村)と意気込んでいた。(福住佐知子)
映画『フォルトゥナの瞳』は2月15日より公開
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: