紅白は必然?アニメ産業の変化

師走である。この時期になるとテレビでも様々な特番が組まれるが、その集大成となるのは、あれこれと言われているものの、やはり大晦日に放送される「紅白歌合戦」だ。今年放送の『第69回 紅白歌合戦』では総合司会に内村光良、紅組司会に広瀬すず、白組司会に嵐・櫻井翔が起用され、男女それぞれ21組のアーティストが出場する。
そして、音楽界からのおなじみの出場者が目立つ一方で、ネットなどで話題を集めていたのがいわゆる「アニメ枠」の出場者たちである。「アニメ枠」というのはアニメファンの中で使われる”俗称”のようなもので、アニメ界発信、アニメ関連の出演者、(後述する「ぴあ」の統計では)アニメ由来ともいわれる、アニメを起源とする楽曲・アーティストのことだ。今回は「世界で人気のジャパンカルチャーを特集」と題し、人気アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の声優陣によるユニット・Aqours(アクア)と、人気のブラウザ・スマホアプリゲーム『刀剣乱舞-ONLINE』から派生したミュージカル集団・刀剣男士が大晦日の本番に備えている。
 しかし、一般の視聴者にとっては「この歌手の曲、聴いたことない!」「なぜ、アニメ枠が設けられているのか?」と疑問を抱く人たちもいるはず。そこで、2010年代の「紅白歌合戦」におけるアニメ枠の出演者たちを振り返り、その背景にあるアニメ産業の変化に迫っていきたい。
今回の「紅白歌合戦」に出場する一組、9人の女性声優陣によるAqoursは、静岡県沼津市にある架空の高校を舞台にした青春アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』から派生したユニットだ。
女子高生たちが“スクールアイドル”を目指すべく奮闘する物語を描いた作品は、社会現象となったメディア・ミックス作品『ラブライブ!』シリーズの第2弾として制作され人気に。作中では、主人公・高海千歌をはじめとする9人組のユニットとして描かれているが、人気キャラクター千歌役の声優・伊波杏樹らによるライブなどを幅広く展開している。
もう一組の刀剣男士は、ユーザー数450万人を超えるブラウザ・スマホアプリゲーム『刀剣乱舞-ONLINE』を原案としたミュージカル『刀剣乱舞』シリーズの出演者たちによるユニットである。
原案となったゲームは、プレイヤーが“審神者(さにわ)”となり、いわゆる擬人化された刀を育て上げて戦うシステムで、ゲーム内に登場するイケメンのキャラクターたちへ惚れ込む女性ファンを中心に人気を獲得。さらに、架空の作品に登場する世界観やキャラクター、現実のミュージカルとライブを融合させた“2.5次元ミュージカル”の人気作品として、国内だけではなくフランス・パリでの海外公演も実現している。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: