紅白 平成最後に失ったもの

 大みそかの風物詩であるNHK紅白歌合戦。さすがに69回目ということもあり、マンネリのそしりを免れないが、今年は「平成最後」という期待も膨らむ。通常の出場歌手が発表された11月14日以降、「特別枠」の出演者が明らかにされている。もったいぶった発表が恒例になっているが、当日まで気をひこうとする演出は効果があるのか。テレビコラムニストの桧山珠美さんが解説する。
 第69回「NHK紅白歌合戦」の全貌が明らかになってきた。
 テーマは「夢を歌おう」。総合司会は昨年同様、内村光良と桑子真帆アナ。紅組は広瀬すず(来年4月スタートの連続テレビ小説「なつぞら」ヒロイン)、白組は嵐の櫻井翔が司会に抜擢された。
 初出場の歌手は、紅組のあいみょん、DAOKO(ダヲコ)、白組のKing&Prince(キンプリ)、Suchmos(サチモス)、純烈、YOSHIKI feat.HYDEの6組だ。例年のことだが、中高年からすれば、見事に「いったいダレなんだよ」という名前が並んだ。
 あいみょんは、この秋のドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)の主題歌「今夜このまま」などで人気になった。DAOKOは米津玄師とコラボした曲「打上花火」で一気に注目を集めた。TOKIOが逃した枠に滑り込んだのが、同じジャニーズのキンプリ。Suchmosは6~7月に行われたサッカーW杯ロシア大会で、NHKのテーマ曲「VOLT-AGE(ボルテージ)」を手がけている。
 「スーパー銭湯アイドル」としてオバサンたちの熱い支持を得ている純烈やHYDEと組んで初出場になったYOSHIKI……、どうしても初々しさは感じられない。
 〈常連組〉は、年末の音楽特番や紅白でしか見なくなった郷ひろみが31回目の出場を果たす。新御三家の仲間・西城秀樹を追悼するステージを演出してくれるだろうか。郷といえば、永遠のアイドル松田聖子も22回目。演歌勢(五木ひろし、石川さゆり、坂本冬美、天童よしみ、氷川きよし)はさておき、EXILE(12回)、福山雅治(11回)、Perfume(11回)など、息の長い活躍は立派なものだ。24回出場のTOKIOが落選したことを考えると、常連とはいえ、どこに落とし穴があるか分からない。
 〈復活組〉は、5年ぶり13回目の出演となるaiko、「放牧中」として活動休止だったいきものがかり、MISIA、松任谷由実ら。今年を代表するヒット曲「U.S.A.」で再ブレイクしたDA PUMPはともかく、どうしても「なぜ?」という疑問がぬぐえない。
 とはいえ、青春時代をともに過ごしたという中高年にしてみれば、7年ぶり出演のユーミンは注目に値するだろう。NHKもそのへんはしっかりおさえていて、ユーミンが歌う曲は「私が好きなユーミンのうた」として公募中だ。視聴者参加型の演出は、昨年、「AKB48選抜メンバーが当日のステージで歌唱する“スペシャルメドレー曲”」で、すでにやっている試みだ。
 天下のユーミンともあろう大御所をAKBで使った二番煎じ企画で使うとは……。わざわざ公募しておきながら、1番を選ばなかったJR東日本の「高輪ゲートウェイ」のように、がっかりな曲にならないように祈るしかない。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: