芸能人SNS 交友関係に好反応

 日経エンタテインメント!では、SNSタレントパワーランキング調査を実施。インスタグラム、フェイスブック、ツイッター、アメーバブログのいずれか、もしくは複数のSNSを利用する芸能人・著名人を対象に、「発信力」「拡散力」の目安となるフォロワー数とリアクション数でそれぞれランキング化した。インスタグラムのフォロワー数でトップに立ったのは、お笑い芸人の渡辺直美。実に797万2241人ものフォロワーを有する。これに400万人台の水原希子、ローラ、木下優樹菜が続く結果となった山崎賢人、渡辺直美、Taka(ONE OK ROCK)――インスタグラムの平均リアクション数ランキングを見る
 インスタグラムのフォロワー数ランキングで目を引くのは女性タレントの多さだ。トップ10の8人、トップ30では実に22人が女性だった。なかでも水原、ローラ、佐々木希、桐谷美玲、菜々緒といった、ファッション誌などでモデル業に取り組む面々が強さを誇る。これは、インスタグラムの特性によるところが大きい。
 まずインスタグラムは、基本的に文字ではなく写真をメインに投稿するため、美しい写真やファッショナブルな写真が人気を集めやすい。また、他のSNSとの大きな違いとして、フェイスブックやツイッターのように「いいね」で拡散しない点が挙げられる。例えば、自分がフォローしている人が他の誰かの投稿に「いいね」とアクションを起こしても、自分の画面には表示されない。つまり、インスタグラムのユーザーは、自分が本当に好きなテイストの人をフォローして写真を楽しんでいると言えるだろう。
 2017年9月に調査会社Kantarが実施した調査によると、インスタグラムの利用者は男女比39対61と女性が中心。フォロワー数ランキングの上位に入る女性タレントの多くは、オン/オフのシーンを問わず、ファッションの参考になりそうなオシャレな写真を投稿しており、女性ユーザーは自分好みのファッションのタレントをフォローしているようだ。渡辺直美、ブルゾンちえみら女性お笑い芸人の投稿を見ても、「洋服やメイクをまねしたい」といったファッションに関する内容のコメントが多く見られる。
 一方、男性では俳優の山崎賢人が270万8648人でトップ(総合7位)。その他、10位の山田孝之、14位の岩田剛典ら8人がトップ30にランクイン。女性からの支持が高い、20代~30代の俳優とミュージシャンのフォロワー数が多い印象だ。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: