西川史子 病気や離婚振り返る

 遠慮のない辛口コメントで、バラエティー番組を中心に活躍する西川さん。現在も形成外科で診療をしている医師ですが、ご自身もつらい病気に襲われました。医師の立場から、また、結婚と離婚を経験した一人の女性として、今の思いを語っています。(聞き手・梅崎正直)
――芸能活動をする前、医学部生時代に「ミス日本」に出場されました。それは、どういったお気持ちからですか。
 医学部の6年生は国家試験を前に勉強してばっかりなので、息抜きがしたかった。それと、学生時代の最後の思い出を作りたいという考えもありました。「勉強ばかりだとブスになっちゃう」と思っていましたね。
――お父さまが整形外科の開業医。子どもの頃から、医療の道に進むことは意識していたのですか。
 誰かに「大人になったら何になりたいの?」と聞かれ、「バレリーナ」と答えると、母が「お医者さんになるんでしょ!」。小3のときに、宝塚歌劇団の舞台を初めて見て、自分もバレエを習っていたので、そうしたものに憧れは持っていました。でも、母を怒らせたくて、わざと医師以外の答えを言っていた面もあります。
――他の進路は考えませんでしたか。
 高1で進路を決めるときは、私は出版社に興味があって、文系に進みたかったのです。いったん文系を選ぶと、数学をやらないので、医学部の受験はできませんよね。そこで母とけんかになりました。でも、母はさめざめと泣くし……。結局、その思いに押されて、医学部を選びました。
 父は何も言いませんでした。医院の後を継いでほしいという気持ちではなかったようですが、私が医師になることはうれしかったみたいです。
――ご両親に反発はしませんでしたか。
 高校時代からよく夜遊びをしていましたね。そのまま友だちの家に泊まって、翌日帰ったり。遅く帰るとかえってバレますから。大学の頃は、よくディスコに行きました。
 でも、父はそういうことには意外に厳しくなくて、「成績が良ければいい」といった感じ。だから、私も勉強はがんばっていました。母も、「若いときは若いときにしかできないことを」という考えの人で、うるさくはなかったんです。
――今は、医師であることをどう思っていますか。
 タレントの仕事をしながら、不定期ですけど、今も形成外科に勤務しています。どちらも、自分らしいと思っています。私がテレビに出るようになったのも、医師として「医療のことを、一般の人に分かりやすく伝える役割を担いたい」という思いからでした。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: