車とVR連動 アウディ導入へ

アウディ(Audi)は1月8日、米国ラスベガスで開幕したCES2019において、ベンチャー企業のホロライド(holoride)社を共同設立した、と発表した。[関連写真]ホロライド社は将来、すべての自動車メーカーやコンテンツデベロッパーが利用可能なオープンプラットフォームを介して、新しい形態のエンターテインメントを商品化することを目指している。
またホロライド社は、自動車メーカーやコンテンツ開発者が新しいVRコンテンツを作成し提供できるようにするため、オープンプラットフォームを使用して開発を進める予定だ。
さらにホロライド社は、車両データへのインタフェースとして機能し、それらをバーチャルリアリティに転送するソフトウェア開発キットを提供し、五感のすべてを使用して車内で体験可能な世界を開発者が制作できるようにする。アウディによると、視覚的な体験とユーザーの実際の感覚は同期しているため、車両の中で映画やテレビドラマ、プレゼンテーションの資料を見た時に起こる乗り物酔いの可能性を、大幅に減らすことができるという。
ホラロイド社では、標準的なVRゴーグルを使用して、後席の乗員用の新しい形態のエンターテインメントを、今後3年以内に市場に投入する予定だ。長期的には、「car-to-X」インフラの継続的な拡大によって、交通での出来事がバーチャル体験の一部として反映されることも考えられる、としている。
《レスポンス 森脇稔》
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: