追い風? 中高年の名脇役躍進

 中高年のベテラン脇役俳優の躍進が止まらない。2012年に松重豊が『孤独のグルメ』に主演してシリーズ化に成功して以降、吉田鋼太郎が『東京センチメンタル』(14年~)に、遠藤憲一が『民王』(15年~)に主演するなどして潮流を作った。その流れを一気に広げたのが、17年の『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』だ。遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研という名バイプレイヤー6人が本人役で主演し、コワモテ俳優たちのチャーミングな姿に「ギャップ萌え」する女子が続出した。
 その反響を受け、18年1月からは続編の『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』も放送。さらに6月には佐野史郎が63歳で連ドラ初主演を果たし(『限界団地』)、7月から放送の『探偵が早すぎる』では滝藤賢一が広瀬アリスとW主演する。彼ら中高年脇役俳優の活躍に拍車がかかったのは、なぜなのか。『バイプレイヤーズ』のプロデューサーで演出も手掛けたドリマックスの浅野敦也氏は、「視聴者層の変化」を指摘する。
 「昔はテレビや映画が娯楽の王様だったので、若い方から年配の方まで、幅広い層の方がテレビや映画を見ていました。だけど今は、映画もテレビもシニア層の占有率が高い。忙しい社会人はテレビを見られないし、若い人には、そもそもテレビを持っていない人もいる。そうなると、若いスターを主役にドラマを作っても、視聴率が取りにくいんです。また映画でもキラキラした学園モノが下火になって、若いスターに頼れなくなってきている。テレビでも若い子の恋愛モノが減って、中高年の物語が増えています。そういう流れで、中高年のバイプレイヤーの方々がどんどん前面に出てきたという状況はあると思います」
 また近年は、視聴者が1~2話見逃しても楽しめる「一話完結」のドラマが増えている。代表例が、『相棒』『遺留捜査』などの刑事ドラマと『ドクターX』などの医療モノだ。これらのレギュラー出演者は芸達者なベテラン揃いで、各話のゲストでも名脇役が活躍する。
 そのような状況下で制作者が起用したくなるのは、どんな脇役俳優なのか。頂点に立つ遠藤憲一、松重豊ら6人のバイプレイヤーズの共通点を浅野氏に聞いてみた。
 「まずは演技力。『バイプレイヤーズ』の放送時にツイッターでは、『あれは演技なの?素なの?』という書き込みがありましたが、そんなふうに感じさせる自然な演技ができる、役者さんとしてのすごさがあります。例えば若い俳優さんだと、『こういうお芝居が欲しい』というレベルに到達するまでに、演出家がかなり頑張るケースもあるんです。でもあの方々は普通にそのレベルを超えて、さらに面白くすることができる。松重さんが『1つの芝居をするために、100考えて、一度全部捨ててから現場に行く』とおっしゃってましたけど、何通りものお芝居の中で、何が一番ベストなのかを議論できるところがすごい」
 また、現場でスタッフに愛される、人間的魅力も大きいという。
 「利己的な俳優さんは、パッと人気が出ても、スタッフから弾かれていってしまうところがあるんです。でも下積みが長くて、ずっと魅力を放ち続けている彼らは、みなさん人格者。若い新人のスタッフから年配のスタッフにまで優しく気を配って、現場の周りにいらっしゃる一般の方々にも、大人の対応をされます。人としての優しさがあるからこそ、視聴者も含め、みんなに愛され続けているのかなと思いますね」
 芝居がうまくて、人もいい。さらに「その人ならではの個性がある」(浅野氏)ことから、制作者側は、再びその俳優を呼びたくなるようだ。また、優秀な俳優でありながら、法外なギャラを要求されないことも魅力だろう。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: