鈴木亮平 みやぞんの裏やばい

 NHK大河ドラマ「西郷どん」32話「薩長同盟」(26日午後8時)の試写会が22日、同局で行われ、主演鈴木亮平と、桂小五郎役の玉山鉄二が見どころを語った。【写真】大河の裏「24時間」でのトライアスロンに向け走り込むみやぞん 幕末のハイライトのひとつである薩長同盟だが、日本テレビ「24時間テレビ 愛は地球を救う」で161キロトライアスロンを走るお笑いタレント、みやぞんのゴールと重なる可能性が高い。玉山から「裏がみやぞんだからね」と指摘された鈴木は「やばいな」とがっくりして笑い、「『西郷どん』の中でも大きなもののひとつ。気合を入れて作った。役者人生で忘れられない瞬間になった」と自信をみせた。
 玉山は「亮平くんは(大河ドラマで)1年走っているので、ある種、重みが違う。薩長同盟をどうしても見ていただきたい」と視聴者にアピールした。
 今回描かれた薩長同盟は、土下座あり、握手ありのアツい展開。鈴木は「肌と肌が触れ合う文化があまりなかった時代に、握手は(西郷)吉之助が気に入りそうだと思った。思ったより僕も感情的になって、感極まってしまった。のちのちのシーンでも意味をもってくる握手になる」と話した。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: