電子本「全巻一冊」の可能性

クラウドファンディングサーヴィス「Kickstarter」の日本版がスタートした2017年9月、当時わずか2カ月で2,293万6,350円を集めた“モンスター企画”があったのをご存知だろうか。【動画・画像ギャラリー】あの人気コミックが丸ごと電子書籍に!「全巻一冊 北斗の拳」と題したこのプロジェクトは、武論尊・原哲夫の名作『北斗の拳』をA5サイズの書籍型電子ペーパーに収めた製品だった。『北斗の拳』はコミック本で全27巻という巨編である。だが、スマートフォンや電子書籍リーダーで本を読むことが普通になったこの時代、長編の作品をコンパクトにまとめることに特別な目新しさはないように思える。
ところが、全巻一冊はクラウドを超えて成長を続け、今年7月に一般販売が始まった。これまでに『北斗の拳』のほか『NARUTO
-ナルト-』などがリリースされ、12月13日には『頭文字D』『沈黙の艦隊』『ジパング』『静かなるドン』の4タイトルが発売された。さらに2019年2月以降には、『DEATH NOTE』など6タイトルの発売が計画されている。
電子書籍ではない“革新的な電子本”を謳うこの製品、何がそれほどまでに人々の心をつかんだのだろうか。
全巻一冊は一見は普通のコミック本のようだが、開くと2枚の電子ペーパーが現れる。こう書いてしまうと市場に出回る電子書籍端末との違いがよくわからないが、最大の特徴はネットワークやほかのデヴァイスとの接続機能が一切ない点にある。
コンテンツはダウンロードではなく、メモリーカードを差し込むカセット式で、端末へのデータの保存はできない。つまり、本体にセットした専用カセットに入っている漫画しか読めないのだ。また、ケーブルをつなぐ端子などは一切ないため、充電式ではなく乾電池で動くようになっている。
時代に逆行している感すらある。しかし、プロジェクトを率いたプログレス・テクノロジーズ取締役の小西享がこだわったのは「没入感」だという。小西は「漫画が好きな人なら、お気に入りの作品を読んでいて時間を忘れるような経験をしたことが絶対にあると思うんですね」と話す。
そうは言っても、紙ではなくデータ化された漫画を電子機器で読んでいて、そんな状態になるのだろうか。
スマートフォンならプッシュ通知で現実に引き戻されるし、Kindleのような電子書籍専用端末でも、ちょっと飽きたらボタンひとつで他の作品を読むことができる。「でも、それはちょっと違うし、残念だなと感じていました。子どものころみたいに漫画を読むことができたらいいなと考えたら、この形になったんです」
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: