食番組 食レポ飽きマツコ注目

 グルメレポーターは、いまや“食通タレント”に仕事を奪われつつあるという。だが、彼らがいま、最も恐れているのは、あの大物だという――。
 ***
 グルメレポーターといえば、グルメ番組はもちろんのこと、街歩きや旅番組で料理を紹介すればいいというものではない。テレビでは伝わらぬ味をどう分かりやすく表現するか、いかに美味そうに食べるか、はたまた、むせずに食べられるか、さらに、決め台詞など個性を加えなければならないという、けっこう高度な技が求められる仕事である。
 その先駆けといえば、1974年の番組開始から今も続く「くいしん坊! 万才」(フジテレビ系)で、俳優の渡辺文雄(1929~2004)にはじまり、宍戸錠(84)や梅宮辰夫(80)、村野武範(73)、辰巳琢郎(59)、山下真司(66)、宍戸開(51)、そして現在の松岡修造(50)まで代々続く大物リポーターたち。
 気さくな人柄で豪快に食べた阿藤快(1946~2015)、情報番組の1コーナーだった「突撃! 隣の晩ごはん」(日本テレビ系)から巨大なしゃもじがトレードマークとなったヨネスケ(70)、テレビ朝日の局アナからフリーとなってコミカルなレポートが人気だった迫文代(59)、明るい口調と噺家ならではの機転のよさで人気だった三笑亭夢之助(69)などなど挙げていったらキリがない。
 近年はやはり、「まいうー」の決め台詞で様々な番組で活躍する石ちゃんこと石塚英彦(56)、元アイドルながら「海の宝石箱や~!」といった決まり文句でキャラが立った彦摩呂(51)が食レポの両横綱として君臨しているようだが――。
 民放プロデューサーは言う。
「グルメリポーターというジャンルを確立させたのは、彼らだと思いますよ。もっとも石ちゃんは、このところは体格の割りには食が細くなったといわれています。また、一時は体重130キロまで激太りした彦摩呂は、視聴者から“身体に悪そう”“食べさせられているようで可哀想”“気持ち悪い”といった声が上がり、業界的にも使いづらくなり呼ばれなくなったときもありました。本人も『このままでは仕事がなくなる』とダイエットして20キロほど痩せたようですが……」
 確かに、最近、彦摩呂を見る機会が減ったようにも思えるが……。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: