40代未婚 阿佐ヶ谷姉妹の共生

歌手の安田祥子さん・由紀さおりさん姉妹の“細かすぎる“モノマネなどで知られる、お笑いコンビ「阿佐ヶ谷姉妹」の渡辺江理子さん(以下「エリコ」)と木村美穂さん(以下「ミホ」)。
木村さんは渡辺さんを「お姉さん」と呼ぶ。いつもお揃いのピンクの衣装に身を包み、見た目もなんだか似ているふたりだが、実の姉妹ではない。
ともに40代半ばで未婚のふたりは、つい最近まで六畳一間のアパートで一緒に暮らし、今はお隣同士だ。
7月12日に共同生活をつづったエッセイ『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』が発売された。この本からは、ふたりが単に“仕事上の姉妹“という関係だけでなく、“家族“として関係を築いていることが伝わってくる。
「ひそかな夢は、今住んでいるアパートを姉妹で買い取って、母や独り者の友達とみんなで住むこと」
本にこう書いた理由とは? ふたりの暮らしは、これからの家族のありかたを考える上でどんなヒントがあるだろうか。阿佐ヶ谷姉妹に話を聞いた。(安田聡子・南麻理江/ハフポスト日本版)
■ 六畳一間に「妙齢の」女がふたり
ーーお笑いコンビとして普段一緒に仕事をしているふたりですが、まさか私生活も“コンビ“で送られているとは知りませんでした。どうして一緒に住むことになったんですか?
エリコ 阿佐ヶ谷の私のアパートに、ミホさんが泊まって行くことが増えたのがきっかけです。ミホさんが自分の家に帰るまえに「ちょっと休憩」と言って寄るんです。そのまま寝ちゃって週5くらい泊まって行く時もあったから、週7もイケるんじゃないということで私の方から同居を提案しました。
それでも決断するには1、2年くらいかかりましたねぇ。
ミホ 一緒に住むのは、ちょっと嫌でしたね(笑)。帰る場所があるっていう前提で好きな時にいられると楽かなって思っていたから、ずっと一緒だと大変かなと思って。
ーーわかる気がします。でも思いは変わったんですね?
エリコ 単純にお金の問題でしょう?(笑)
ミホ まぁ最終的にはお金がもったいないっていう理由が大きいですね。芸人でもやっぱり経済的な理由で一緒に住んでいるコンビは多いです。でも、さすがに私たちのように妙齢のおばさんがふたりで六畳一間っていうのはねぇ…。周りにもかなり驚かれました。
■ 自分の“当たり前“は、他の人の“当たり前“ではない
―― 狭い部屋に一緒に住んで、不満や問題はなかったですか?
エリコ 一緒に住んでいた部屋はユニットバスだったから、必ずどちらかがお風呂なり、お手洗いに行ったりすると、1人はどちらにも行けなくなってしまうんですね。
ミホ それで、朝どちらが先にお風呂に入るかですごくもめて。どちらも早起きしたくなかったから、1カ月ごとに交代でお風呂の順番を決めようとしたんですけれど、全然私が守らなくて。何回か話し合ったりとか、お姉さんに涙ながらに訴えられたこともあったんですけれど、まぁでも守れないんですよね(笑)
エリコ 守れないわねぇ。だから私が諦めて先に入っていました。朝はミホさんの方が弱いので。逆に私が洗濯物を畳むのとかがあんまり得意じゃなくて、そこは整理整頓が得意な、ミホさんに任せちゃったりしてました。
ミホ 苦手なところを補充、補完するとかで折り合いをつけてきたところはありますね。ルールも本当に半分半分っていうわけじゃなくて、お互いに得意なところをやればいいじゃないって。
―― でも家族ってそういう前向きな妥協のくり返しかもしれないですね。本の中では、ミホさんがエリコさんの分のシチューをよそってくれなかったことに、エリコさんがクヨクヨしてしまう「シチュー事件」のエピソードもありましたね。
エリコ 自分は相手によそってあげるタイプだからどうしても「自分ならよそうのに」と思ってしまったんでしょうね。ふたりで住んでいると、ちょっとした違いやぶつかり合いはある。でも、前提としてやっぱり他人なんですよね。
自分の“当たり前“は、他のもう1人の方の“当たり前“でないってちゃんと認識しておくことは、すごく大きい気がします。そう思っていれば、それこそ自分好みのカレーをミホさんに作ってもらっただけで、泣き崩れるほど喜べる。ミホさんには「ちょろい」って言われたんですけれど(笑)、それはやっぱりありがたいことだって思うんです。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: