頭が丸くても 脱毛症アイドル

 東京・高円寺のライブハウスを拠点に活動する「エレクトリックリボン」。2007年の結成以来、メンバーチェンジを繰り返しつつも100人以上の熱烈な固定ファンを持つ、地下アイドル界では知られたグループだ。ステージ上でしきりに髪を気にするしぐさを見せるのが、現メンバーの中で最古参のぴっぴだ。アイドルを夢見て高校生の時に島根から上京、2015年2月に加入した。  実はぴっぴは髪の毛だけでなく眉毛やまつげ、身体中のあらゆる体毛がすべて抜けてしまう「全身脱毛症」という病を抱えている。円形脱毛症が悪化、男女比や年齢に関わらずおよそ1000人に1人の割合で発症する病気で、アヴェニュー表参道クリニック美容皮膚科の佐藤卓士院長は「一般的には精神的ストレスが原因ではないかと思われているが、近年の研究から、免疫細胞が異物と間違えて自分の毛根を攻撃してしまうことによって毛が抜ける、いわゆる自己免疫疾患だとわかってきた」と話す。  ぴっぴが異変に気づいたのは2年前の冬だった。「ライブ中はいつも高いツインテールしているが、最初に右耳の後ろの髪の毛がなくなっちゃった。次は左耳の後ろ。こんなふうになるとは思わなかったし、治ると思っていたので、““インテールやり過ぎてハゲちゃったぁ。どうしよう?“みたいなふうに言っていた」。  そう考えたのには理由がある。小学校高学年の頃、円形脱毛症が発症したが、母親からのマッサージですぐに完治した記憶があったからだ。症状を自覚してから通院もしたが、抜けた範囲はみるみる広がり、症状に気づいてから9か月で頭髪は全て無くなってしまった。「ウィッグを楽しもう!っていう前向きな気持ちにもなったが、家に帰ってお化粧を落として、ウィッグを外して鏡を見ると“私、女なのかな…“って悩むときはあった。眉毛もないし、まつげもないしってなると、悲しい気持ちにはすごくなった」。  そして今年2月、自身のブログで全身脱毛症であることを告白する。「ステージ上で転んじゃった時があって、ウィッグがズレたと感じた。このままじゃ起き上がれないと思って、頭を抱えてしばらく倒れていた。楽屋に戻って見たら、前の方にズレていた。そろそろちゃんと伝えなきゃなと思った。もう一つは、みんなから“分からないから言わなくていいよ“と言われていたけど、それは言わなきゃ分からない病気なんだということ。皆さんに知られていない病気だし、言葉はちょっと悪いけど“ハゲ“という括りにされていたりする。だから脱毛症という言葉を知ってもらえたらいいなとか、同じ症状の方が少しでも生きやすい世界になれたらいいなと思って公表させてもらった」。  決断には、ファンからの後押しもあったという。「脱毛症を告白しようかなとファンの方に相談した。“ぴっぴがいいと思うなら良いんじゃない?“と背中を押して下さった。ファンの皆さんは今も全く変わらないし、私は恵まれている」。ファン歴3年のさいともさん(47)は「頑張っているから、応援したいという気持ちが強くなった」、ファン歴1年半のまるみさん(46)は「ずっと辛かったと思う。泣く夜もあるかもしれない。でも私たちの前では、いつもの可愛いぴっぴでいてくれている」と話す。  一方、メンバーはどう思ったのだろうか。小田あずみは「自分だったら正直無理なんじゃないかなと思うぐらい、変わらず元気なぴっぴさんなので尊敬している」、美伎あおいは「うっかり“ハゲ“とか、そういう話を言うと、逆にぴっぴさんから“今、ハゲって言ったでしょ!“みたいに、拾って笑いにしてくれる」、室井ゆうは「ショックを受けたファンの人を見て、ぴっぴちゃんがショックを受けちゃうんじゃないかなというのがメンバーとしては引っかかる部分だった。でもぴっぴちゃんが良いならっていう気持ちで」と明かした。(source)

Read more

V6長野&白石夫妻 第2子妊娠

 女優の白石美帆(40)が夫のV6・長野博(46)との間に第2子を妊娠していることが、13日、分かった。関係者はデイリースポーツの取材に「すでに安定期に入っており、おなかもぽっこりしてきています」と明かした。11月下旬に出産予定という。【写真】宮崎あおい 男児出産後初登場…変わらぬスタイル 長野と白石は2016年11月に結婚。18年5月に第1子となる男児の誕生を報告していた。  V6では井ノ原快彦(43)が女優・瀬戸朝香(42)との間に一男一女をもうけ、岡田准一は女優・宮崎あおい(33)との間に昨年、長男が誕生したばかり。森田剛(40)は一人娘を持つ宮沢りえ(46)と結婚しており、長野に第2子が誕生すれば、“V6ジュニア”はグループと同じ6人になる。(source)

Read more

ヤヌスの鏡 34年ぶり映像化

「ヤヌスの鏡」が34年ぶりに映像化されることが決定。連続ドラマとして、8月からFODで配信がスタートする。その主人公・小沢裕美(ヒロミ・ユミ)役に桜井日奈子が決まり、役どころなどについて語った。【写真を見る】桜井日奈子の“不良少女”姿!■ あの名作がよみがえる! 「ヤヌスの鏡」は、1981年~1982年に「週刊セブンティーン」(集英社)で連載された宮脇明子の人気漫画。厳格な家庭に育つ優等生の高校生・小沢裕美がある時、厳しい祖母に閉じ込められた納戸の中で、鏡台を見つけたことをきっかけに“ユミ”という全く別の人格を持った不良少女に変貌してしまう姿を描く。 1985年にはフジテレビでドラマ化。「古代ローマの神・ヤヌスは、物事の内と外を同時に見ることができたという。この物語は、ヤヌスにもう1つの心をのぞかれてしまった少女の壮大なロマンである。もし、あなたに、もう1つ顔があったら…」という印象的なナレーションなど、大きな話題となった。 ■ 桜井日奈子が新たな挑戦! 主人公・小沢裕美役の桜井は、2019年に入ってドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系)や「みかづき」(NHK総合)が放送され、さらに主演映画「殺さない彼と死なない彼女」(今秋公開)、「任侠学園」(9月27日[金]公開)、コントライブ「内村文化祭’19三茶」(8月28日[水]~29日[木])などを控えている。 本作では、“おとなしい優等生・ヒロミ”と“夜の繁華街に現れる不良少女・ユミ”という、正反対の人格を演じ分ける難しい役どころに挑戦。ヒロミとユミの切り替え、表情、所作、言い回しなど変貌する姿や表現力に注目だ。 また、これまで桜井が演じてきた役柄は優等生のヒロミに近いものが多く、ユミのような不良役やアクションシーンなど新たな挑戦も見ることができる。 ■ 小沢裕美役:桜井日奈子コメント ヒロミとユミ、同じ人間だけど対照的な2人がいろいろな人を巻き込んで本当の自分とは何か、葛藤する物語です。原作は、お話をいただいてから読みました。ヒロミは今まで演じてきた役に近かったのですが、ユミは今までに演じたことがない挑戦的な役でした。ユミの何にも動じない余裕と強さを表現するにはどうすればいいのか、強がりに見えないように気をつけました。 衣装やメークが特徴的なので、2人のスイッチの切り替えはそういったことで助けていただきました。おとなしい優等生でいようとするヒロミと対照的なユミの、それぞれの気持ちに寄り添うことは難しくはなかったです。誰でも多面を持っていると思います。それは、理性がきちんと働く普通の人でも少なからず心のバランスを保つのに必要だし、多面であって当たり前なのかもしれないなと、あらためて思いました。 誰もが抱える、心の悩みに寄り添える作品になれるとうれしいです。 ■ 企画・プロデュース:清水一幸コメント 子供のころ、テレビにくぎ付けになった作品の1つに「ヤヌスの鏡」がありました。「古代ローマの神・ヤヌスは…」で始まるナレーション、優等生と不良少女の2役を演じ、変わる主人公の姿にドキドキしたのを覚えています。今回、34年の時を経て、あらためて映像化に挑戦しようと企画しました。 そして、“主人公は誰に?”と考えたときに、この役柄はとにかく普段とのギャップ、不良少女のイメージからかけ離れている方に尽きる!と思い、それは…桜井さんしかいない!と思い、桜井日奈子さんにお願いしました。

Read more

バンド解散ではなく休止 背景

バンドや音楽ユニットが音楽活動を辞める際に用いる表現が変わってきている。以前は「解散」と発表していたが、近年は「活動休止」という言葉を用いるケースが増えた。その背景には、再結成を巡る動きがある。 バンドや音楽ユニットの解散や活動休止が続いている。特に活動期間が10年を超え、その選択をするアーティストが目立つ。2005年にデビューしたチャットモンチーは、自身の名前を脱いだほうが新しいところに行けるのでは、との理由から、14年目の18年に解散した。 注目したいのは、音楽活動を辞める際に用いる“表現方法”だ。16年から19年の間に活動を辞めたバンド・音楽ユニットを見ると、いきものがかりやVAMPSなど「活動休止」とうたうケースが目立つ。その傾向に変化があるのか、10年前を調べたところ、その違いは歴然。06年から08年では、「解散」と発表したアーティストが圧倒的に多かった。 「解散」ではなく「活動休止」と発表するアーティストが増えたのはなぜなのか。その背景を探るカギとなるのが再始動だ。00年以降で再結成を果たしたバンド・音楽ユニットを見てみると、06年頃から再結成が盛んになったと分かった。米米CLUB(06年)、X JAPAN(07年)など、大物アーティストが相次いで活動を再スタートしている。 実はその多くは、音楽活動を辞める際に「解散」と発表していた。例えば、ビジュアル系バンドの再結成ブームの火付け役となったX JAPANもその1つ。彼らの「解散」から「再結成」の流れを見ると、97年4月に音楽性の違いからToshiが脱退。同年9月にリーダーのYOSHIKIが記者会見で「解散」を発表した。 しかし、06年秋にToshiとYOSHIKIが再会したことをきっかけに、07年に再結成を果たす。後日YOSHIKIは、「再結成するとは夢にも思っていなかった」と明かしている。その後もユニコーン(09年)、LUNA SEA(10年)など多数が同じ道を歩む。このように、「解散」を宣言しながら再び活動を始めるケースが続いたことから、「再始動する可能性がある」ニュアンスを含む、「活動休止」という言葉を用いるアーティストが増えていると考えられる。 17年に復活したKICK THE CAN CREWがまさにそうだ。商業ベースに乗って活動することにジレンマを感じ、04年に「活動休止」を発表。各自ソロ活動に専念した後、17年に再始動した。同年には、14年ぶりにアルバムの発売や、日本武道館公演も開催し、今後は自分たちのペースで活動すると決めているという。 (ライター 中桐基善) [日経エンタテインメント! 2019年5月号の記事を再構成](source)

Read more

ルパン一色 パンチさんしのぶ

 4月11日に肺炎のため死去した、人気アニメ「ルパン三世」の原作者で漫画家のモンキー・パンチ(本名加藤一彦=かとう・かずひこ)さんを偲ぶ会が14日、東京・青山葬儀所で営まれ、ルパンの声を担当するタレントの栗田貫一(61)や実写映画で銭形警部役を演じた俳優・浅野忠信(45)らが参列した。【写真】フォトスペースに飾られた作品をモチーフにした看板と模型 ルパン三世の世界観を再現した“ルパン葬”で見送られた。約3000本の花で彩られた祭壇は、ルパン三世のイメージカラーである赤を赤バラ2000本で表現。背景は夜景や夜の町並みにサーチライトを照らし、原作画のキャラクターパネルによるルパンの追走劇を再現した。5~6年前に撮影されたモンキー・パンチさんの遺影が、その様子を楽しそうに見つめていた。  親族らの胸元も赤バラで彩り、斎場正面にはルパン三世の黄色い愛車・フィアットをバルーンで再現したほか、多数の原画が飾られた。料理もキャラクターをモチーフにした「ルパン寿司」「五ェ門 斬鉄剣オードブル」などが振る舞われ、返礼品も原作画クッキー詰め合わせなどが用意されるなどルパン一色だった。(source)

Read more

SHEILA くも膜下出血で手術

キューバ出身のハーフタレント・SHEILA(46)が緊急入院していたことを6月14日、所属事務所であるホリプロが公表した。【写真】08年、和田アキ子のCM出演会見に駆けつけたSHEILA事務所によるとSHEILAは5月31日昼ごろ、会食中に体調が急変。救急搬送されたという。搬送先の東京都内の病院による診断は「くも膜下出血」で、緊急手術を受けることになった。 脳は外側から「硬膜」「くも膜」「軟膜」の3層の膜に覆われている。くも膜下出血は、その中で「くも膜」の下に出血がある状態。幸い術後の経過は良好で、医師らとコミュニケーションをとれる状態にあるとのこと。すでにリハビリを始めているという。 ’09年には会社役員の男性と結婚し、2児にも恵まれたSHEILA。ママタレントとしても活躍中で、藤本美貴(34)やほしのあき(42)、東原亜希(36)など芸能界にもママ友が多いことで知られている。 当面は療養を予定しており、今後については体調と相談しながら仕事復帰を目指すという。(source)

Read more