動画配信の主役へ Disney本気

 動画のインターネット配信が拡大する中、アメリカのウォルト・ディズニーが改めてその本気を見せた。【写真】新しい動画配信事業について語るディズニーのケビン・メイヤー氏 8月23日、アメリカ・カリフォルニア州のアナハイムで開かれた「D23エキスポ」。ディズニー社が2年に1度主催する、世界最大のディズニーのファンイベントだ。動画配信を統括するケビン・メイヤー氏は、11月から始める動画配信「ディズニー+(プラス)」にさらに独自コンテンツを加えると発表した。  メイヤー氏は「ディズニープラスはすべての年代層にとって楽しく、魅力的なサービスになるだろう」と胸を張った。 ■最大の武器はコンテンツの豊富さ  ディズニープラスは、11月12日に開始される動画配信サービス。最大の武器は、何といってもコンテンツの豊富さだ。  ディズニーは2006年のアニメーション製作会社・ピクサーを皮切りに、2009年にアメコミのマーベル、2012年に『スター・ウォーズ』シリーズで著名なルーカスフィルムを買収してきた。ディズニープラスではディズニーはもとより、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルという4つのブランドのコンテンツが過去作品も含めて見放題となる。  さらにディズニーは2019年3月、約713億ドルで21世紀フォックスを買収。今後は『アバター』や『X-MEN』といった強力なラインナップが加わることになる。ディズニープラスではまず、フォックス傘下で自然・科学などのドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナルジオグラフィック」を配信する。  そこに加えられるのが、ディズニープラス独自のコンテンツだ。今回の発表では、ディズニーの実写版映画の製作会社やマーベル、ルーカスフィルム、ディズニーチャンネルの各トップが入れ替わりに登壇。予定の時間を30分近く超え、約2時間にわたって独自コンテンツを次々と披露した。  新たに発表されたのは、『スター・ウォーズ』に登場するオビ・ワン・ケノービにスポットを当てたシリーズや、人形劇『マペット』の短編集など。会場にはオビ・ワン・ケノービ役のユアン・マクレガー氏や、『アベンジャーズ』シリーズに出演するポール・ベタニー氏、エリザベス・オルセン氏ら著名人も次々と登場し、約6800人の観客を魅了した。 ■ネットフリックスの半額、月6.99ドルで攻勢  前のめりの姿勢は価格にも現れている。ディズニープラスはアメリカで月6.99ドル。ネットフリックスの通常プラン12.99ドルのおよそ半額の設定になる。さらにグループで展開するスポーツチャネル「ESPN+」と動画配信「Hulu」のセットで月12.99ドル(アメリカのみ)。完全にネットフリックスを意識した価格設定といっていいだろう。(source)

Read more

マリカー スマホ版が9.25配信

 任天堂のスマートデバイス向けアプリ「マリオカート ツアー」について、配信日が9月25日予定であると、Twitterの同タイトル公式アカウントで発表した。配信予定日の発表にあわせて、8月27日からApp StoreとGoogle Playで事前登録の受付を開始している。  本作は、同社が展開している「マリオカート」のスマートデバイス向けアプリで、2019年夏の配信予定を告知。Android端末限定によるクローズドベータテストも行っていた。なお、App Storeプレビューにおいて、本作の概要やスクリーンショットも掲載されている。  また米国のNintendo of Americaの公式Twitterにおいても、本作の配信日が9月25日に決定したことを告知している。(source)

Read more

母に感謝 しんちゃん広告話題

 埼玉県の春日部駅に貼り出された、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」のポスターがネット上で注目を集めています。主人公の野原しんのすけが「かあちゃんの夏休みはいつなんだろう」とつぶやいている内容で、「泣きそうになった」といった声も上がっています。制作した会社を取材しました。【画像】ポスター全8種類がこちら。過去に春日部駅に掲出されていた「ひろし版」「みさえ版」のポスターも  8月26日から春日部駅に貼り出されている計10枚のポスター。  しんのすけが描かれていて、キャッチコピーは以下の3種類です。  「かあちゃん、楽しい夏休みをありがとう」  「かあちゃんの夏休みはいつなんだろう」  「かあちゃんがもっと楽しく過ごせたら夏休みはもっと楽しい」  掲出初日の26日、このポスターを撮影した画像がツイッターに投稿されると、「お母さんじゃないのに泣きそう」「電車内で見ちゃって必死に堪えてます」といったコメントが寄せられ、いいねが10万近く押されているツイートもあります。  「8月26日から9月1日までの1週間限定で、野原家が住む街である春日部駅に掲出しています」  そう話すのは、オイシックス・ラ・大地の統合マーケティング本部の本部長・井上政人さん。このポスターは、食品宅配などを手がけるOisixの広告として制作されたものです。  今年5月に母・みさえ、6月には父・ひろしとコラボレーションした交通広告を春日部駅などに掲出したOisix。今回は、夏休みを乗り越えたお母さんたちに向けて企画したそうです。  「こどもにとっては楽しい夏休みですが、ママたちにとっては毎日3食の料理やお弁当、それに伴う献立や買い物など大変な毎日になる夏休み。Oisixだからこそ出来ることがあるのではないか、Oisixだからできるサポートをしたいと考え、企画しました」  「誰から言葉を掛けられるのが一番嬉しいか?」と考えた結果、「やっぱり子どもたちからだろう」としんちゃんを通じてメッセージを発信することに。  「どういうメッセージにするとママたちに届き、『夏休み大変だったけど楽しかったな』と思ってもらえるかという点に苦労しました」  話題になったことについては、こう話します。  「メッセージを作っている段階から、このメッセージをママたちに届けたいと考えていました。届いていることは素直にうれしいですし、多くの方が共感してくださっているのもうれしいです」(source)

Read more

日亜化学の中傷 動画削除命令

 動画配信サイト「ユーチューブ」に投稿された動画で誹謗中傷され社会的信用を損なう恐れがあるとして、日亜化学工業(阿南市)が米ユーチューブ社を相手取り、動画の削除を求めた訴訟で、徳島地裁がユーチューブに削除などを求める仮処分命令を出した。徳島新聞記者に9カ月間にわたり暴言 日亜化学によると、発令は8日付で、動画削除のほか、発信者情報の開示も求めている。ユーチューブは応じる方針という。  訴状によると、昨年4月に元従業員を名乗る者が、日亜化学の製造現場が不衛生であるほか、実在する従業員によるパワーハラスメント行為があったと指摘する動画を投稿。日亜化学は「事実に基づかない内容」として6月に削除を依頼したものの、ユーチューブが応じなかったため、10月に提訴し、仮処分を申し立てた。  日亜化学総務部は「裁判所の適切な対応に満足している」とコメントした。(source)

Read more

アマゾン火災 写真誤用相次ぐ

南米・ブラジルなどで続くアマゾンの森林火災。その焼失面積は四国の大きさを超えた。そんな中、ネット上では海外や国内の芸能人、フランスのマクロン大統領らが相次いで、この事態の深刻さを自らのSNSで伝えている。しかし、そうした投稿には注意が必要だーー。なぜなら、それが全て真実であるとは限らないからだ。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】【写真】ローラさんが投稿した「子を抱く猿」も無関係 「地球の肺」と呼ばれているアマゾンの火災の原因は、人類による熱帯雨林の開発にある。 その勢いは過去最悪のペースで拡大しており、火災の件数は、昨年の同時期と比較すると84%増えているという。このまま続けば将来的な気候変動に深刻なダメージをもたらすおそれがある。 こうした状況を受け、海外セレブたちがこの状況を憂う発信を、自身のTwitterやInstagramで繰り返していた。 その中で、過去の火災の写真や、他国の写真が大量に使い回されていたのだ。 たとえば、俳優のレオナルド・ディカプリオさん(フォロワー3440万人)もその一人だ。8月22日、誤った写真をInstagramに投稿していた。 環境保護活動家で起業家のニック・ローズさん(フォロワー5万7000人)が以下の文言とともにアップした写真をリグラムしたのだ。 「世界の肺が16日にわたって燃えていると考えると恐ろしい。それなのに、メディアは何が起きているのかを報道しない!なぜ?」 AFP通信によると、もともとの写真は写真家のLoren McIntyre氏がアマゾンで撮影したもの。氏は2003年に亡くなっていることから、少なくとも16年以上前の写真だと言える。 ディカプリオさんが引用したローズさんの投稿がそもそも間違えていたことになるが、同じ写真を投稿したのはこの二人だけではない。 実はこの「間違い」は、日本にも波及しているのだ。タレントのローラさん(フォロワー560万人)は8月22日、自身のInstagramに以下のように投稿した。 「昨日はとてもショックをうけました。今ブラジルでは、大規模な山火事が3週間続いています。なのにこの件はほとんどのメディアが取り上げていません」 また、ブルゾンちえみさん(フォロワー56万人)も同日、同じ写真をTwitterに「直接的に、今すぐ私たちに影響はないかもしれないが、 間接的に、必ず、地球全体に、影響を及ぼす災害だ」と投稿していた。

Read more

広末 新ドラマは遺体で登場

 女優の広末涼子が10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(毎週日曜 後10:30)に出演することがわかった。物語の冒頭で、亡骸となって登場する女性刑事・碓氷薫として劇中のヒロイン役に起用された。彼女の死の真相こそが、主人公の刑事・遊佐清春(賀来賢人)ら登場人物が追いかける謎となる。【写真】広末涼子、白のシースルーワンピで美脚チラリ 『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』を手掛けた脚本家・武藤将吾氏によるオリジナル作品。主人公は叩き上げで捜査の最前線を任され、冷徹で目的のためには手段を選ばない刑事・遊佐。森の中で目を覚ますと、直前数ヶ月の記憶を失っていた。右手には拳銃、そして横には上司だった女性刑事の亡骸が遺されていた。  碓氷は類い希なる容姿と優秀な捜査能力から捜査一課のマドンナとも称された女性刑事。この夏に新設された遊佐らが所属する碓氷班の班長を務めていた。シングルマザーとして、9歳の息子を育てている。そんな彼女がトップシーンで遺体なって発見されることからこの物語が幕を開ける。なぜ彼女は死んだのか。容疑者は警視庁捜査一課と遊佐自身…。  そんな異色のヒロインを演じる広末は「私、死ぬ役が多い気がします(笑)。いつも、面白い作品に関わりたいと思っているので、生きているか死んでいるかは全然気になりませんが、今回はインパクトありますよね」と遺体としての登場には本人も驚き。  物語は碓氷の死の真相に近づくにつれ、彼女の過ごした過去が、彼女と過ごした人々の姿が、回想で明かされていくことに。「すごくワクワク感がありながら、ストレート過ぎないようにメッセージが込められていると思うので、その複雑さを感情で掘り下げられるように、熱意を込めてお芝居したいと思っています。是非楽しみにしていてください」と呼びかけている。(source)

Read more