IOC会長 eスポーツ許容できず

国際オリンピック委員会(IOC)は、eスポーツをオリンピック競技として今後採用するべきか、未だ決めかねているようだ。IOC会長を務めるトーマス・バッハはこの問題について、「暴力や差別を助長する」eスポーツは許容できないと断言している。
先週末行われたアジア競技大会では、デモンストレーション競技としてではあるものの(よって獲得したメダルは国ごとの最終集計には加算されない)、初めてeスポーツが競技として採用されていた。採用された種目は『Arena of Valor』、『クラッシュ・ロワイヤル』、『ハースストーン』、『リーグ・オブ・レジェンド』、『ウイニングイレブン』、そして『スタークラフト2』だ。「ゲーム」画像・動画ギャラリー競技大会にてバッハ会長はAP通信の記者に対し、仮にeスポーツが採用されたとしても、彼が「殺人ゲーム」と呼ぶような暴力をテーマにしたゲームは「オリンピックの価値に相反する」ものであるとし、そういったゲームはオリンピックの種目として認めることはできないと断言した。
元フェンシング選手である彼はフェンシングを例として持ち出した。格闘技は、その歴史をたどれば暴力が起源ではあるものの、「文明化された表現」であるとの信念を語った。一方で、お互いを「殺し合う」ことを目的としたビデオゲームは、オリンピック競技としてふさわしくないと述べた。
AP通信は記事上で、アジア競技大会の主催者たちがジャクソンビルのeスポーツ大会で起きた銃乱射事件に対し、哀悼の意を示したことについても触れていた。アジアeスポーツ連盟で会長を務めるケネス・フォクは、事件の元凶はeスポーツではなく、「銃規制や銃の所持に関するより大きな問題」であると述べた。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: